【転職したいなぁ】薬剤師が転職したくなった理由ベスト5

看護師転職サイトの口コミや評判

薬剤師が職場を辞めたくなるその原因は?

 

薬剤師が職場を辞めたくなるその原因に関して詳しく説明している画像

 

 

1.薬剤師の転職はどんな理由が多い??

 

1-1.薬剤師の転職理由の1位は職場の人間関係

 

 

薬剤師は職場での人間関係による転職理由が多いとみられます。

 

どこの職場でも人間関係の悩みは生じがちなのですが、薬剤師の場合は世界が狭いためにどうしても問題が生じがちなのです。

 

例えば、かなり多忙な薬局や病院などの場合では、

 

・現場がピリピリとしていてゆとりをもって働けない
・忙しいのでなかなか帰らせてもらえない
・上の人に逆らえず抑え込まれている

 

など薬剤師は世界が狭いのでどうしても人間関係でトラブルが起きてしまいがちです。

 

また転職をすればいいように思われますが、狭い世界ですのであまり転職を繰り返していますと悪い評判が出回ってしまうのです。ですのであまり転職をしすぎるのはよくありません。なかなかうまくいかない場合には実際に仲間が少ない職場に転職を考えるのも良い方法だと思います。

 

どの職場でも人間関係の問題で転職を考える薬剤師は多いです!

 

 

 

1-2.給料が低いというのも大きな転職理由に

 

 

給料が低いというのも大きな転職理由にに関して詳しく説明している画像

 

 

薬剤師の転職理由に労働条件に見合った給与ではないことも理由の一つです。

 

医療に関わる事ですから、日夜の研究や薬の製造はハードなものになりますし、新しい業務も薬の種類が増加する毎に増えていくので業務内容は極めて過酷です。しかし、薬剤師は意外と給与はなかなか上がりにくいので年収UPを目指して転職を希望するという薬剤師も非常に多いです。

 

しかも、同年代の医師や専門医などと比較すると圧倒的に給料は医師の方が多く、大体30代の薬剤師であれば年収は520万円〜590万円程度です。この額だけ聞くと多い様にも思えますが、難関試験を突破して資格を取得したにも関わらず年収はそれほど高いとは言えません。

 

そのため、平均年収より低い場合には給料も大きな転職理由になります!

 

 

 

1-3.自分のスキルをアップさせたい転職も多いです

 

 

自分のスキルをアップさせたい転職も多いです<に関して詳しく説明している画像

 

 

スキルを上げたいために転職を考える薬剤師も多いです。

 

希望の就職にうまくいかずにドラッグストアに就職してしまった場合、調剤の勉強をしたいと思っている方にはそのような仕事はほとんどなく一般用医薬品の販売や説明が主な仕事となり処方がほとんど来ないようです。

 

ドラッグストアの増加により薬剤師の需要は増えてきましたが製薬会社や研究などの職種は以前と同じように就職は難しいので、製薬会社や研究などを希望して薬剤師を目指した方にとっては何とかして転職をしたいという理由になっているようです。

 

自分の希望やスキルを上げたいために転職を希望するパターンもあります!

 

 

 

1-4.残業が多くて転職をする

 

 

残業が多くて転職をするに関して詳しく説明している画像

 

 

残業・サービス残業が多いのが嫌で転職するという薬剤師も珍しくありません。

 

特に、薬剤師が足りていない職場やドラッグストアなどの職場は薬剤師の人数が限られています。そのため、残業が当たり前にようになり、しかも職場によってはサービス残業を強いられてしまうことも珍しくなく転職を考える理由の一つになるようです。

 

しかも、サービス残業が常態化しているような職場は雰囲気も悪くなりがちです。残業が多い事から周囲のストレスも溜まり人間関係が崩れてしまって転職したいと考える薬剤師も多いようです。

 

残業が多い職場は環境も悪くなりやすく転職理由の1つになります!

 

 

 

1-5.ライフステージの変化による転職・休職

 

 

ライフステージの変化による転職・休職に関して詳しく説明している画像

 

 

ライフステージの変化によって転職や休職をする女性薬剤師も多いです。

 

女性薬剤師の場合、結婚・出産で退職するケースも多いです。また、正社員で働いていても結婚・出産を機にパートで働けるドラッグストアに転職するケースも目立ちます。時短で働いても時給が高いので良い収入にはなるんですね。

 

また、子育て中のママ薬剤師に多いのですが、子供は風邪などをひきやすく仕事を休んで迷惑もかけることもしばしば。陰口をたたかれたりして居づらくなって辞めるというケースもかなり多いみたいです。

 

女性薬剤師の場合、結婚・出産で転職するケースもかなり多いです!

 

 

 

2.薬剤師の働き方の特徴は?悩みは?

 

薬剤師の働き方の特徴や悩み、転職理由に関して詳しく説明している画像

 

2-1.薬剤師のブランクは復職に不利?

 

 

ブランクがある多くの薬剤師も順調に復職を果たしています。

 

薬剤師の資格を持っていながら、薬剤師とは関係の無い仕事に就いていたり、人生のステージに合わせて離職した場合など、薬剤師としてブランクがあって不安を感じている復職者は多くいます。医療は日々進歩を遂げ、薬の種類などもどんどん増えています。

 

ブランクの期間にもよりますがスムーズにはいかない場合もあるので、ブランクが長く薬剤師の記憶があいまいな場合には薬剤師が一人の職場ではなく薬剤師が複数人いて勉強ができる環境で復職をした方が安心できます。

 

ただし、薬剤師の絶対数は少ないのが現実です。ブランクがあっても復職できる可能性は非常に高いのです。復職する先にもよりますが、ブランク=不利と決めつけるのは気が早いでしょう。

 

ドラッグストアなどで復職をしているケースは多いのでそこまで気にする必要はありません!

 

 

 

2-2.薬剤師はパートとしての働き方もある

 

 

現在アルバイトとして働いている薬剤師はとてもたくさんいらっしゃいます。

 

特に人気が高いのは、ドラッグストア、調剤薬局です。近年ドラッグストアなどが多くでき、薬剤師を求めている場所はとてもたくさんあります。しかし、薬剤師の仕事は、研究職や新薬の開発や営業など幅広く活躍できる場がありますが、こういった仕事は主に正社員でしかできない場合が多いです。

 

薬剤師のアルバイトは、専門職ですので一般のアルバイトよりも高時給が期待できます!

 

また、この日はどうしても休みたい、週に2、3日程働きたいなどの条件をのんでくれる職場は少なくないので、時間を有効に使えるという点は最大の魅力です。薬剤師のパートとしての働き方はライフスタイルを重視し、子育てと仕事、趣味と仕事など、両立させたい時には特におすすめの働き方です。

 

また、薬剤師の仕事に離れてしまってブランクがある方にも、とてもいい条件の揃った職場が見つかるかもしれません。また、地方よりも都会のほうが薬剤師のアルバイトの数は多いと言われています。都会の方が病院や薬局、ドラッグストアなど、働く場所もたくさんあるためです。

 

このように、アルバイトとしても医薬品のプロとして働いている方は多くいらっしゃいます。薬剤師としての働き方は、ずっと同じでなくてもいいので、その時の生活や体力に合わせて働き方を変えていくことも可能となるのです。

 

 

 

2-3.薬剤師が希望の求人を見つけるためには?

 

 

薬剤師が希望の求人を見つけるためには?に関して詳しく説明している画像

 

 

希望の求人を見つけるためには転職サイトがベストだと思います。

 

薬剤師などの高スペック好条件の求人はなかなかハローワークにはありません。薬剤師のことに精通したスタッフが多い転職サイトを2つ、3つ登録して求人を比較しながら希望の求人を見つけるのが一番効率的です。

 

特に、薬剤師の転職サイトであれば色々な薬剤師を見てきて薬剤師の抱える悩みもわかっています。私も転職をした時には色々相談に乗ってもらって助かったので転職サイトはすごくおすすめです。

 

転職を考え始めたらまずは転職サイトに登録して相談をしてみましょう!

 

 

(参考)
【好条件の薬剤師求人】あなたに合った転職先を見つけるためのポイント

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

好条件の転職先を見つけるためにはやはり求人サイトを利用するのが一番です。そこで、看護師に人気の転職サイトをご紹介していきます。

 

 

 

【転職したいなぁ】薬剤師が転職したくなった理由ベスト5記事一覧

1.薬剤師の将来性は?実は足りていない薬剤師最近、新聞や雑誌で今後は薬剤師が余ってくるため将来性がないような情報もあります。しかし、一方で薬剤師が不足しているから求人が増えているなんて話もあります。そこで、実際に薬剤師の現状や合格者、今後の動向を見ていきながら薬剤師の将来性はどうなっていくのか見ていきたいと思います。1-1.薬剤師は本当に今後飽和されていくの?薬剤師の将来性はどうなのでしょう。病院...