【好条件の薬剤師求人】あなたに合った転職先を見つけるためのポイント

看護師転職サイトの口コミや評判

【薬剤師転職成功のポイント】失敗しない転職サイトの選び方

 

薬剤師求人!転職事情、給料・年収、仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

1.好条件の転職サイトを見つける5つのポイント

 

薬剤師さんが転職サイト使うときって本当に迷いますよね?

 

実際に転職サイトを使っている薬剤師さんもいると思いますが、各サイトの違いがわからなかったいして。。しかし、転職サイト次第で条件の良い求人を見つけることも可能ですし、転職で失敗してしまうこともありえます。

 

・転職サイトを選ぶ基準はどうしたら良いのか?
・最低限気を付けておきたいサイトの特徴は?
・希望の通りの求人を見つけるためには?

 

など、希望の転職をするためのサイトの選び方をご紹介します!

 

 

1-1.小さい転職サイトより大手の転職サイトを

 

 

小さい転職サイトより大手の転職サイトをに関して詳しく説明している画像

 

 

転職サイトに登録する時には大手を選ぶようにするのが鉄則です。

 

小さい規模の転職サイトも中には良いサイトもあります。しかし、規模が小さい求人サイトは求人数も少なく求人情報を詳しく知らないことが多いです。転職してから聞いていた話と違うというトラブルも実際に良くあります。

 

大手であれば転職サイトを大人数で運営しているため、

 

・求人数も多く好条件の場合が多い
・求人情報に詳しいので転職後のミスマッチが少ない
・条件交渉である程度希望が通りやすい

 

など、大手だからこそ交渉などもできます。何より大手の転職サイトでは転職者数も多いので病院や薬局、企業などに条件や希望を通しやすいので薬剤師さんには大手の利用をおすすめします。

 

大手サイトなら転職後のミスマッチの少なく好条件の求人が多いのが特徴的です!

 

 

 

1-2.最低でも2社以上は登録する

 

 

最低でも2社以上は登録するに関して詳しく説明している画像

 

 

転職サイトは最低でも2社以上は登録することはとても大事です。

 

薬剤師の転職サイトは大小合わせても日本に20社〜30社はあります。同じ求人先なのに転職サイトによって条件も待遇も違っているといったケースは珍しくないので2社以上の転職サイトに登録するというのはとても大事です。

 

また、転職サイトによって、調剤薬局に強い、ドラッグストアに強い、病院に強いなど色々強みが違います。そのため、他の転職サイトと比較するためにも最低でも2つ以上の転職サイトは登録するのがおすすめです。

 

他社と比較して交渉する材料を見つけるためにも2社以上は登録しましょう!

 

 

 

1-3.コンサルタントとの相性は重要

 

 

コンサルタントとの相性は重要に関して詳しく説明している画像

 

 

転職サイトのコンサルタントとの相性はとても大事です。

 

転職サイトに登録するとコンサルタントが担当に付きます。担当のコンサルタントによって転職がスムーズに進むかどうか変わってくるので注意が必要です。

 

・話してみて相性が合ったりうまくいくイメージができるかどうか?
・担当が自分の考えばかりを押し付けてこないかどうか?
・あなたのことを考えて求人を提案してくれているかどうか?

 

担当コンサルタントとは電話やメールで連絡を取り合うのですが、こちらのことを真剣に考えてくれるのかどうかは文面だったり話の内容ですぐにわかるので注意深く連絡してみてください。

 

担当との相性が悪かったり、いい加減であれば良い求人は全然見つかりません。そんな担当にあたってしまった場合には、転職サイトを変えてみるのもおすすめです。

 

転職サイトを選ぶうえでコンサルタントとの相性はかなり重要です!

 

 

 

1-4.求人について詳しく説明をしてくれる

 

 

求人について詳しく説明をしてくれるに関して詳しく説明している画像

 

 

紹介する求人情報に関して詳しく説明してくれるというのはとても大事です。

 

求人サイトを使って転職した後のトラブルの多くは話してた条件、職場環境と違うということです。これは担当スタッフが求人先に対して詳しい情報を知らないために起きます。そのため、担当コンサルタントが求人に関して詳しい情報を知らないのは転職後失敗する可能性が高いです。

 

担当したコンサルタントの知識を見極めるポイントとして、

 

・求人を複数提案してくれる
・求人の内部の情報まで詳しく説明している
・求人の良い面、悪い面をしっかりと説明している

 

求人を紹介してくれる時に良い面ばかり紹介してくるコンサルタントは怪しいです。逆に、良い面もあるけど悪い面をしっかりと伝えてくれる転職サイトは信頼できますし、転職後のミスマッチが防げるので安心できます。

 

転職後のミスマッチを防ぐためにも求人に詳しい転職サイトがおすすめです!

 

 

 

1-5.色々な可能性を提案してくれる

 

 

色々な可能性を提案してくれるに関して詳しく説明している画像

 

 

コンサルタントが色々な可能性の提案をしてくれる転職サイトはおすすめです。

 

薬剤師さんでも一つの業務だけをずっとやって他の業務を知らないという方も多いです。あなたの提案を聞きながら調剤・ドラッグストア・病院・研究など色々な可能性を提案してベストな転職先を見つけてくれるように担当に出会えたら理想的です。

 

なかなかこのような優秀なコンサルタントの方に巡り合うのは難しいのですが、複数の転職サイトを登録すると優秀なコンサルタントに巡り合うことも可能性も高まってきます。

 

条件を聞くだけじゃなくて色々な提案をしてくれる求人サイトはおすすめです!

 

 

 

2.薬剤師の転職・求人事情、給料は?

 

薬剤師の転職・求人事情、給料は?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.薬剤師不足により求人が激増

 

 

薬剤師不足により薬剤師の求人がかなり増えているのが現状です。

 

薬剤師になるために大学が4年制から6年制になったことによる2年の空きができてしまったことによる薬剤師不足が起きました。

 

さらに、以前までは薬剤師の仕事は病院での調剤、大学や企業での研究が主な仕事でありましたが、ドラッグストアが薬剤師を確保に動いていることや24時間営業のドラッグストアも増えてきたことから薬剤師が圧倒的に足りない状況になっているんです。

 

そのため、薬剤師への待遇は非常に良くなってきています!

 

<薬剤師不足の現状>

 

上記にも記載していますが、ドラッグストアなどで薬剤師がいないと販売できない第一類医薬品の販売をし始めたために、全国のドラッグストアなどで薬剤師の需要が非常に高まっているんです。

 

薬剤師不足は深刻で全国的に薬学部が増えており薬剤師を増やそうとする機運は高まっているのですが、薬学部が増えたことにより薬学部自体の偏差値・学力は下がり薬剤師試験の合格率も2014年では過去最悪の60.84%を記録しています。

 

そのため、薬学部が増えたにも関わらず、薬学部の学生の学力は下がっているのでなかなか薬剤師が増えるような状況になっておらず、薬剤師不足はこれからも続くことが予想されます。

 

 

 

2-2.男性薬剤師と女性薬剤師の割合は?

 

 

男性薬剤師と女性薬剤師の割合に関して詳しく説明している画像

 

 

女性の薬剤師の割合は、男性に比べて2倍以上の数字を示しています。

 

ある統計によれば男女の比は3対7となっています。圧倒的に女性の薬剤師の方が多いのです。薬剤師は女性に人気の職業です。資格を取るまでの勉強や、実際に仕事に就いてから、特に男女の身体的特徴に左右されることはありませんし、努力次第で、男性と同じまたはそれ以上の評価を得ることが出来る傾向があるからです。

 

男女雇用機会均等法、といってもやはり女性は下に見られる傾向が残っているものです。仕事をするうえで、重い荷物を持ったり、体力で差が付くこともない為、女性にとっては男性と肩を並べて、同じ土俵で同じ条件で仕事ができる魅力があるのでしょう。

 

また、医療関係の資格でありながら、働き方も様々あるため、ライフステージの変化が起こりやすい女性には、確実に収入につながり、形を変えてでも続けていける職業となってくれる可能性が高いのが人気の理由でしょう。

 

結婚や出産、子育てのために離職しても、復職しやすく、さらにパートやアルバイトでも薬剤師は高時給の傾向があるので、普通の短時間労働よりも効率よく稼げるのです。

 

 

 

2-3.薬剤師の平均年収はどれくらい?

 

 

薬剤師の平均年収に関して詳しく説明している画像

 

 

薬剤師全体の平均的な年収は500万円前後と言われています。

 

厚生労働省が提供している賃金構造基本統計調査による薬剤師の平均年収は、500万を軽く超えるが600万円には届かない程度になるようです。薬剤師の平均年収の違いには、職種や地域、年齢やキャリア等の違いはもちろんのこと、性別による違いもあります。

 

各薬剤師が勤める職場の年収を比較してみると、

 

薬剤師が勤める職場の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

製薬会社は実力でかなりの高収入が望めるため一番給料の平均が高いんです!

 

男性の平均年収は550万円を超えるようですが、女性の場合は500万円を割ってしまっています。これは女性が結婚・出産で職場を離れる傾向があることに関係しています。

 

しかし、薬剤師は昔から女性に人気のある職業で、男性に比べ女性の薬剤師が多いのが現実です。

 

ちなみに、薬剤師になりたての新人の平均年収は350万〜400万円ほどになっていますが、早ければ3年目くらいで500万円に到達するケースもあるようです。45〜50歳になると平均年収800万円近くになるようですがここから給料は伸び悩み、年齢を重ねてもあまり昇給しない傾向にあります。

 

 

 

3.薬剤師の仕事は具体的にどんなことをするの?

 

薬剤師の仕事に関して詳しく説明している画像

 

3-1.薬剤師とは?

 

 

薬剤師という資格は、国家資格です。つまり、薬剤師は、国の認証の元にある仕事、法律とともにある仕事だということ。

 

薬剤師法、薬事法、医療法、薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令、薬局等構造設備規則、刑法、老人保健法、健康保険法、民法、学校保健法、食品衛生法、郵便法などなど、実に多彩な法律に、薬剤師が関係しているといわれています。

 

とりわけ大きな関係をもっているのはやはり薬剤師法で、これは、薬剤師の仕事内容や免許の要件などについて述べられた法律です。薬剤師は、厚生労働大臣の認を得なければその資格を名乗ってはいけないこと、薬剤師は、公衆衛生の向上や増進に寄与すべきであること、また常に正しい処方を行わなければならないことなどが、内容としてあげられています。

 

薬剤師の国家資格の基準や日程が定められているのも、この薬剤師法の中です。ほかに、詳しい業務内容や罰則についてもこの法律の中で定められています。薬剤師法は昭和三十五年に施行され、平成十九年にいたるまで改正がほどこされながら、今の形に落ち着きました。

 

 

 

3-2.薬剤師の基本的な仕事は薬の調剤

 

 

薬剤師の基本的な仕事は薬の調剤に関して詳しく説明している画像

 

 

薬剤師の基本的な仕事は薬の調剤です。

 

薬剤師法という法律によって、医師などが自らの処方せんにより調剤する場合を除いて薬を調剤することができるのは薬剤師のみ、と定められています。医師の処方せんに基づいて薬を調剤しますが、ただ単にそのまま揃えて渡すだけではありません。

 

医師から受け取った処方せんに書かれている薬名や量に問題がないかをチェックし、さらに患者の体質やお薬手帳などこれまでの服薬状況などと照合して確認します。調剤した薬を患者に渡す時には、薬が適切に使用されるように使い方や副作用の注意などの「服薬指導」を行います。

 

逆に、患者から薬に関するさまざまな相談を受けることもあります。必要に応じて医師と連絡を取り、最適な薬を処方しなすこともあります。

 

薬剤師は医師と調整を取りながら適切な調剤を行っているんです!

 

 

 

3-3.薬剤師は調剤以外にも色々な仕事も

 

 

薬剤師は調剤以外にも色々な仕事もに関して詳しく説明している画像

 

 

薬剤師は調剤以外にも、様々な仕事をしています。

 

ドラッグストアでOTC医薬品のリスクの高い第1類医薬品は、薬剤師が対応しなくてはなりません。在宅療養している患者のお宅に訪問し、服薬指導や薬剤管理指導などを行う仕事もあります。

 

大学以外の学校には、学内の環境衛生に関する職務を行う学校薬剤師がいます。このように、一言で薬剤師といっても、様々な仕事があるのです。

 

薬剤師の仕事は調剤の仕事から服薬指導などの薬全般の範囲に及びます!

 

 

 

3-4.企業での薬剤師の薬剤師としての仕事の内容とは?

 

 

企業での薬剤師の薬剤師としての仕事の内容に関して詳しく説明している画像

 

 

企業での薬剤師の仕事は病院などの業務とは違います。

 

学術薬剤師とは製薬会社などで勤務し、一般的な病院や薬局などで働いている薬剤師とは違い調剤の業務などは一切行いません。日々進化する薬に関する情報を収集し、薬剤師や医師などに説明するのがこの仕事なのです。

 

高い知識を必要とする仕事ということもあり、薬剤師であるからということで誰でも採用されるわけではありません。一度調剤などの仕事の経験のある方などが採用される傾向があるのです。さらにその求人の数は少ないのが特徴です。

 

そして業務の具体的な内容なのですが、

 

@ リスクの高い薬に関する処方方法
A その他の薬に関する処方の提案
B 監督官庁への対応などの行政への対応

 

など企業によってはかなり内容も異なる仕事をします。

 

また、待遇などに関しては他の調剤を業務とした薬剤師に比べますとかなりよくなる傾向があるのです。そして激務なども少なく安定した業務ができるという特徴があります。経験者が優遇される業務ということもあり、なかなかの狭き門となり、求人も採用人数が少ない事から秘密裏で行われることが多いのが特徴です。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

好条件の転職先を見つけるためにはやはり求人サイトを利用するのが一番です。そこで、看護師に人気の転職サイトをご紹介していきます。

 

 

 

【好条件の薬剤師求人】あなたに合った転職先を見つけるためのポイント記事一覧

1.薬剤師になるまでの過程薬剤師になるためには、薬系大学に入学する必要があります。薬剤師になるまでには短期大学や専門学校、大学の夜間部などは一切ありません。大学の薬剤師養成課程(6年制)を卒業後に薬剤師国家試験を受験する方法が1つ、もう1つは大学の薬剤課程(4年制)から薬剤師受験資格を得られる大学院にすすんだあと、薬剤師国家試験を受験するという方法もあります。薬剤師になるまでの過程を簡単な図にする...

1.薬剤師ってどんな歴史をたどってきたの?1-1.医薬分業〜薬剤師の始まり医薬分業の始まりによって薬剤師は誕生しました。1240年、神聖ローマ帝国の当時の皇帝フリードリヒ二世が、医薬分業と薬事監視に関する法律を定めたことが、薬剤師が成立するきっかけでした。医師による処方の権利と、薬剤師による調剤の権利をしっかり分けることによって、皇帝は暗殺を免れようと考えたのだそうです。それが現代にまで続き、今で...

1.薬剤師の転職はどんな理由が多い??1-1.薬剤師の転職理由の1位は職場の人間関係薬剤師は職場での人間関係による転職理由が多いとみられます。どこの職場でも人間関係の悩みは生じがちなのですが、薬剤師の場合は世界が狭いためにどうしても問題が生じがちなのです。例えば、かなり多忙な薬局や病院などの場合では、・現場がピリピリとしていてゆとりをもって働けない・忙しいのでなかなか帰らせてもらえない・上の人に逆...