【大学病院の看護師求人】転職前にチェックしたい年収、メリットデメリット

看護師転職サイトの口コミや評判

大学病院の看護師求人で知っておきたいメリット・デメリット・給料、年収

 

大学病院の看護師求人で知っておきたいメリット・デメリット・給料、年収に関して詳しく説明している画像

 

1.大学病院の看護師の求人、給料

 

1-1.大学病院の看護師の求人状況

 

 

大学病院は看護師に人気のある職場の一つになっています。

 

大学病院はイメージが先行しているのも多いのですが、教育機関として最新の医療を勉強したい人や看護師の人数も安定して多いので働きやすさから看護師にとって人気の職場の一つです。

 

大学病院の採用というと、

 

・中途採用は少なめ
・一括採用がほとんど
・大量採用
・通年採用

 

なので、そこまで倍率は高くなく就職しやすい印象です。

 

また、大学病院では関連の学校の看護学生の就職が優先される傾向が強いので、他の大学などの学生はそのあたりは慎重に大学病院を選ぶのがいいでしょう。

 

さらに、転職で看護師を募集する時には転職サイトの非公開求人として募集することが多いです。転職サイトなら大学病院側がある程度希望を伝えておくと希望の沿った求人を紹介してくれるので、大学病院の転職では転職サイトの利用が多くなっています。

 

大学病院へ転職する時に転職サイトを使うとスムーズです!

 

 

(参考)
【看護師非公開求人】病院が非公開求人にする理由と探すポイント

 

 

 

1-2.大学病院看護師の給料・年収はどのくらい?

 

 

大学病院看護師の給料・年収に関して詳しく説明している画像

 

 

大学病院の看護師の給料・年収は比較的高いです。

 

大学病院によっても大きく変わってくるのですが、一般的に大学病院とその他の病院を比較した場合に看護師の年収の面で10万円〜20万円の差があります。

 

常勤看護師と大学病院の看護師の年収を比較してみると、

 

大学病院の看護師の給料に関して詳しく説明している画像

 

 

平均年収を比較してみると10万円前後の違いがあります!

 

大学によっては平均で550万円を超えている大学もあり、なかなか一般の病院では実現できないような年収を実現できるので看護師の求人の倍率は高くなる傾向にあります。

 

 

参考に国公立大学の看護師職の年収一覧を紹介します。

 

 

国公立大学

平均年収

1位

大阪大学

555,4万円

2位

東京医科歯科大学

524.8万円

3位

富山大学

520.8万円

4位

京都大学

519.3万円

5位

九州大学

519.1万円

6位

東北大学

511.3万円

7位

東京大学

508.6万円

8位

琉球大学

501.6万円

9位

島根大学

496.0万円

10位

徳島大学

494.8万円

11位

北海道大学

488.4万円

12位

熊本大学

484.7万円

13位

秋田大学

483.2万円

14位

鹿児島大学

480.8万円

15位

名古屋大学

478.0万円

16位

弘前大学

471.9万円

17位

筑波大学

471.2万円

18位

佐賀大学

469.5万円

19位

三重大学

469.1万円

20位

神戸大学

467.8万円

21位

浜松医科大学

460.7万円

22位

千葉大学

460.0万円

23位

岡山大学

459.0万円

24位

高知大学

458.7万円

25位

広島大学

456.8万円

26位

香川大学

456.0万円

27位

長崎大学

455.9万円

28位

宮崎大学

451.6万円

29位

岐阜大学

448.9万円

30位

山形大学

446.0万円

31位

金沢大学

444.1万円

32位

山口大学

442.4万円

33位

大分大学

442.3万円

34位

信州大学

441.9万円

35位

新潟大学

441.3万円

36位

旭川医科大学

440.5万円

37位

福井大学

440.1万円

38位

群馬大学

438.4万円

39位

鳥取大学

428.3万円

40位

愛媛大学

427.4万円

41位

滋賀医科大学

424.7万円

42位

山梨大学

424.1万円


(出典)国立大学法人等の役職員の給与等の水準(平成22年度):文部科学省

 

 

(参考)
看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント

 

 

 

2.大学病院の求人で知っておきたいメリット

 

大学病院の仕事内容と他病院の違い(メリット)に関して詳しく説明している画像

 

2-1.大学病院では医療行為をするのが少ない

 

 

大学病院では研修医の教育が優先されます。

 

最先端の医療を行っているとも言われている大学病院における看護師の仕事は、一般的な病院などとは異なる点があるのでしょうか。まず、大学病院は一般的な病院とは異なる機能を持っています。それが教育機関としての顔です。

 

大学病院には数多くの研修医がいて、一般的な病院では看護師の業務と言われていることをこの研修医が行っていることが多くなっています。

 

例えば、

 

・点滴
・採血
・褥瘡の処置

 

など、一般的な病院では看護師が医師の指示のもとに行っている処置などを看護師ではなく専ら研修医が行いますので、この点で診療補助の仕事が少ないという特徴があります。

 

そのため、医療行為はそこまでと言う方にはおすすめの職場です!

 

 

 

2-2.患者さんのサポートがメイン

 

 

患者さんのサポートがメインに関して詳しく説明している画像

 

 

看護師の仕事は患者さんのサポートがメインになってきています。

 

大学病院での医療行為は研修医が行う傾向があるので、看護師の仕事内容は患者さんのサポートをする療養上のお世話をすることがメインの仕事になってくることが多くなります。しっかりと患者さんと向き合っていくことが多く、看護技術を向上させていくことが出来ると言われています。

 

大学病院は医師にとっても教育機関ですが、看護師にとってもさらに看護技術を向上させることが出来る機関でもありますから、より看護師としてのスキルを磨くことが可能になってくると言えますよね。資格などを積極的に取得することが出来るのも大学病院の看護師ならではです。

 

大学病院で看護師の役割はサポートがメインになります!

 

 

 

2-3.最新の医療を学ぶことが可能

 

 

最新の医療を学ぶことが可能に関して詳しく説明している画像

 

 

大学病院では最新の医療、看護を学ぶことができます。

 

大学病院では先進医療や、特定の傷病に対して深く研究治療していきます。また、国から補助金をもらい病院でありながら、病気の研究や医師や医療従事者の教育の場となるため一般病院比較して高度な医療を学ぶことができます。

 

さらに、勉強会などの勉強場が多く用意されています。自分のスキルアップを目指している看護師にとっては願ってもいない環境なので、成長したい看護師に人気の職場と言えます。

 

そのため、最先端の医療を学びたい看護師には絶好の職場です!

 

 

 

2-4.福利厚生や休みがしっかりと取れる

 

 

福利厚生や休みがしっかりと取れるに関して詳しく説明している画像

 

 

大学病院では福利厚生や休みをしっかりと取ることができます。

 

一般の病院では看護師が不足している場合が非常に多いのですが、大学病院では付属の看護学校から卒業と同時に入所してくるケースがほとんどなので看護師の人数は足りていることが多く残業などが多いということがほとんどないのが大学病院の大きなメリットです。

 

また、大学病院が人気の理由に看護師のために休みや有給手当など一般の病院ではなかなか手当なども拡充されていますのですごく働きやすい環境にあります。そのため、看護師の中では非常に人気があるのが大学病院の求人なんですね。

 

大学病院は福利厚生などしっかりとしているのが大きなメリットです!

 

 

 

3.大学病院と他病院の違い(デメリット)は?

 

大学病院と他病院の違い(デメリット)に関して詳しく説明している画像

 

3-1.実務経験が身に付きにくい

 

 

大学病院では実務経験が身に付きにくいというデメリットもあります。

 

大学病院の看護師となると、採血や点滴といった患者さんに直接触れる業務のほとんどを研修医などの技術向上の場になってしまうことが多く、採血などの医療行為で看護師の仕事の場合がほとんどなくなり、実務経験が育たないというデメリットもあります。

 

大学病院での看護師の仕事は上記にもご紹介したのですが、患者さんに対しての医療行為というよりは患者さんのサポートが中心になっているので自分で技術向上を目指さなければなかなか実務経験が身につかない場合が多いんです。『大学病院の看護師は使えない』ということを言われてしまう原因の一つです。

 

大学病院では自分でうまく調整して技術を磨く必要があります!

 

 

 

3-2.勉強会が多く面倒なことも

 

 

勉強会が多く面倒なこともに関して詳しく説明している画像

 

 

勉強会が多くて面倒に感じてしまうことがあるのもデメリットの1つです。

 

スキルアップを目指している人にとっては勉強ができることはうれしいことの1つです。しかし、勤務中に行う勉強会なら良いですが、休日などのプライベートな時間に勉強会が開催されるケースの多いようで面倒に感じてしまう看護師も実際には多いです。

 

しかも、残業代や休日手当が出ないケースもあるようです。転職、就職する看護師の方はその点もしっかりと確認してから入職する方が入って後悔することはないでしょう。

 

プライベートを大切にしたい看護師にとってはなかなか辛く感じると思います!

 

 

 

3-3.中小の病院に転職がなかなか難しい

 

 

中小の病院に転職がなかなか難しいに関して詳しく説明している画像

 

 

中小の病院に転職をするのがなかなか難しく躊躇してしまいがちになります。

 

大学病院に居続けるのであれば、医療行為をしない状態で大学病院に合った看護をしていれば良いのかもしれませんが、いざ得た知識を実際の看護に活かしたいと、他の病院に移ると、知識だけは豊富で実務経験の乏しい看護師は、頭でっかちで使えない。といった評価を受けることもあるようなのです。

 

小規模から中規模の病院であれば、

 

・採血や点滴はもちろんのこと
・外来や入院病棟での動き

 

様々な看護師の働き方が求められるので大学病院から転職をした時にはどうしていいのかわからないなんて状態になってしまう看護師も実際には多いようです。

 

しかし、大学病院ではできなかった仕事を中小の病院では行うので実務経験を積むことができます。どちらが看護師のレベルとして高い低い、というのではなくて、どんな看護師を目指すのか?という部分で、仕事場を選んでみても良いのかもしれませんね。

 

自分がどのような看護師を目指したいのかを明確にするといいですね!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師転職サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が転職で満足度が高い求人サイト特集

 

大学病院の求人も多く取り揃えている看護師転職サイトをご紹介しています。条件の良い大学病院の求人を探している方は参考にしてみてください。

 

 

 

【大学病院の看護師求人】転職前にチェックしたい年収、メリットデメリット記事一覧