看護師転職の失敗体験談

看護師転職サイトの口コミや評判

看護師転職の失敗体験談!どうして転職がうまくいかなかったの?

 

看護師転職の失敗体験談に関して詳しく説明している画像

 

1.転職がうまくいかなかった理由を聞いてみました

 

看護師が転職する理由はその人の事情によって色々あります。

 

・今働いている職場が自分に合わなかった
・給料や待遇に不満があった
・人間関係でうまくいかなかった

 

など、色々な理由で転職をした人の中に転職で成功した人もいれば、逆に転職に失敗して転職しない方が良かったなと感じている人ももちろんいます。あなたが転職で失敗しないために実際に転職して失敗した看護師のさんの転職失敗談をご紹介しますので転職を考えるときに参考にしてみてください。

 

 

 

2.看護師転職の失敗!実際の体験談

 

1.転職先の仕事内容を知らずに失敗

 

求人で紹介されていた給料がかなり良く年収700万も可能かなというレベルだったので美容外科へ転職をしました。

 

しかし、美容外科の仕事内容というのは脱毛や整形の助手というのが主な仕事内容かと思いましたが、美容外科で看護師が高収入な理由はノルマがあってそれに連動した出来高で給料が決まる仕組みでした。

 

新しい契約が取りやすい患者さんには昔からいる看護師が担当して契約を多く取れるので高収入になりますが、新しく入ってきた看護師には脱毛に来た学生など他の契約を勧められないような患者さんが多く提案すらほとんどできない状況で給料は以前の病院より7万円も少なくなり結局辞めてしまいました。

 

美容外科がこんなにも営業色が強く、営業がうまい看護師には高収入になりますが、営業が苦手な看護師には収入が本当に低くなる職場だったとは思わずに事前の情報収集不足だったなと思いました。

 

 

<営業がうまくないと続かない>

 

 

美容外科クリニックで感じたのは営業がうまくないと続かない仕事だなと思いました。

 

仕事内容も医療行為にかかわらないで脱毛だけをしている時間も多いので、私の場合には医療行為をほとんどする機会がなく技術が落ちてしまうなと感じることが多かったです。

 

そのため、営業苦手な方や看護師としての技術を向上させたい方には美容外科転職には向いていません。逆に営業がうまく高収入を狙いたい看護師にとっては一番良い転職先だと思います。

 

性別

年齢

転職先

女性

31歳

美容外科

 

2.クリニックの環境がこんなに合わないとは

 

個人クリニックの当たりはずれというのは友達の看護師やネットの掲示板などで良く見ていて慎重に選んだと思ったのですが、実際に面接を受けた印象と実際に働いてみる感覚がこんなにも違うと思いませんでした。

 

ナースは以前に二人同時にやめてしまったということで私が一人で患者さんの検査や処置は行っていました。

 

事務員は長年働いているお局やその取り巻きで、事務員は3人もいるにも関わらず雑用などは新しく入ってきた私にまかせっきりで、仕事が多すぎ患者さんを待たせてしまってドクターに怒鳴られ・・・

 

ナースと事務員の割合も違って相談できる人もいない環境というのはとてもしんどく、結局3ヶ月でそのクリニックを辞めてしまいました。辞めるときにも医者や事務員にかなり陰口を言われ個人クリニックにはもう就職したくないなと思いました。

 

 

<転職前にもっと情報を確認しておくべきだった>

 

 

転職前に受診するなど情報を確認しておくべきでした。

 

実際に面接をするとナースが2人辞めた後だったので対応がすごく良い感じの事務員とドクターだったのですが、入ってみると人間が違うくらいのひどい対応でした。

 

ドクターはちょっとしたミスで怒りやすい性格だったので、診療中でもミスを怒ることがあり患者さんにも時々聞こえるレベルでした。実際に受診をしていれば怒っている状況や事務員の対応などわかったことが多かったかもしれません。

 

個人クリニックに勤めて感じたのですが、後から入ると人間関係がなかなか難しいので実際に受診などをして事務員の対応やドクターの診察時に対応などしっかりと確認したうえで面接を受けた方が良いと思います。

 

性別

年齢

転職先

女性

27歳

皮膚科クリニック

 

3.自分の体力を考えて病院を探すべきだった

 

元もと自分のスキルを上げたいと思って仕事をがむしゃらにしていて、もっと自分がやりたい分野でスキルを上げたいと思って脳外科で最先端の医療を行っている大学病院へ転職することができました。

 

33歳までがむしゃらにやってきて体力には自信があるかなと思って、転職した大学病院でも日々の業務や研究、勉強会など精力的にこなしてきたのですが、あるとき急に体調が悪くなりうつ症状が出るようになりました。

 

同僚との関係性も悪くなく良好でうつ症状になるとは思ってもいなかったのですが、いつの間にか働きすぎで軽度のうつ症状が出てしまったようです。

 

これを機にがむしゃらにやるだけが仕事じゃないと半年の休業をし、その後体力がきつくなったので日勤で働ける病院へ転職をしました。

 

 

<突っ走ってきた人は注意>

 

 

今までがむしゃらにやってきた人は急にふっと気分が落ちることがあるので注意した方が良いと思います。

 

スキルを上げたいと思って仕事に新しい症例を勉強したりとやることは尽きませんが、30代過ぎてくると20代に比べて無理は全然できなくなってきてしまうのである程度自分をセーブして転職先を選んだ方が良いです。

 

何か異変を感じたら休む勇気も必要です。がむしゃらに走ってきた人には一番難しいことだと思いますが休むこともすごく大事です。

 

性別

年齢

転職先

女性

34歳

脳神経外科

 

 

4.求人情報と全然違った

 

ハローワークで看護師の求人を見つけてその病院へ転職しましたが、求人情報と面接で言っていたことが実際に職場などでは全然違った対応でびっくりしました。

 

有給の消化は全体でも3分の1くらいですし、交通費も支払われるという話でしたが残業で遅れた場合に終電に間に合わなかったら交通費は出ずに自費でタクシーで帰ったりと面接で言っていることと違うところが多くてさすがにびっくりしました。

 

また、病院の理念や面接などでは患者さんをすごく大事にする看護をしていると看護部長が言っていたのですが、実際にその病院で働いて見ると全体的に患者さんというよりは医師や看護師のことが優先で患者さんのことは後回しで待たせて適当に扱うということが本当に多かったです。

 

しかし、転職してすぐにまた転職するというのは次の病院でも嫌な印象を与えてしまうので何とか1年は続けましたが、さすがにここまで患者さんを無視する病院には勤められないと思いやめました。

 

 

<書面でもらうことが大切>

 

 

契約などのお金に関することは書面でもらうことが大事だなと思いました。

 

交通費の問題もそうですが、面接で口頭で聞いたことはそんなこと言ってないなどはぐらかされ続けたので、交通費、残業代などのお金に関する部分はしっかりと書面でもらっておくと後ではぐらかされることはないです。

 

さすがに最初から不審に感じる病院には転職はしないと思うので、不審に感じない印象がよさそうな病院でも書面で条件などはもらっておくといいと思いました。

 

性別

年齢

転職先

女性

28歳

小規模病院

 

5.女性看護師しかいない環境はきつかった

 

以前の職場は男性看護師は少なかったですけど3人いて、転職先の病院では自分一人しか男性看護師がいないような職場でした。

 

3人兄弟で2人姉の末っ子で女性ばかりの家庭で育ってきたので、男性は医師も作業療法士や事務の方もいるしそこまで気にすることはないかと思って年収は以前の職場から50万円UPだったので転職を決めました。

 

しかし、実際に入職してみると接するのは女性看護師がほとんどで、女性看護師の派閥争いにも巻き込まれてしまって女性看護師だけの環境は自分にとってもかなりきついものでした。

 

数か月後に男性看護師が転職してきたので女性だけの環境からは解放されましたが、転職する時には男女の比率も確認して病院を決めないといけないなと実感しました。

 

 

<男性看護師は男女の比率を確認しよう>

 

 

女性看護師にも言えますが、勤める科の看護師の男女比は事前に確認しておく方が良いと思います。

 

女性看護師の中にも女性の派閥争いなど嫌いな人も多いですし、男性看護師の場合には居場所がなくなり相談をできる人もなかなかいなくなってしまうので少なくとも自分以外に1人以上は男性看護師がいる職場を選ぶべきです。

 

男性看護師一人でもいれば雰囲気は全然変わってきますので、求人情報を確認や面接でしっかりと確認だけは怠らないようにしてください。

 

 

(参考)
失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収

 

 

性別

年齢

転職先

男性

28歳

中規模病院

 

6.通勤時間の長さを舐めてはダメだった

 

高校生の娘がいるのですが、国立大学には行けるような感じではなかったので予備校や私立大学の学費を考えると今の病院よりも高い給料が期待できる病院へ転職しようと考えました。

 

転職サイトに登録して今の給料より高い病院を第一条件として求人を探していくつかの病院を見つけてもらって、条件にも合致したA病院を選ぶことに。

 

しかし、A病院を選んだ時にコンサルタントの方に今の通勤時間よりも30分伸びてしまうことを聞かれましたが、まだまだ元気と思っていたので問題はないということで病院の印象も良かったので転職を決めました。

 

今までより通勤時間が1時間伸びるのは毎日のことだったのでなかなか辛かったです。毎日合計で2時間も通勤時間にかかるというのは想像以上に大変で、子供との時間も少なくなっていって給料だけで選ぶのも考えものだったなと思いました。

 

 

<条件を1つに絞るのは危険>

 

 

今回は条件を今より年収が高い所という条件で病院探しをしていましたが、給料は看護師として働くうえで、お子さんの進学などを考えるととても重要なポイントです。

 

しかし、求人の条件を1つだけなど少しの選択肢に絞ってしまうのはとても危険です。今回のように年収だけで通勤時間を甘く考えてしまうと給料は良くなったけど、家族との時間が無くなってしまったり疲れから車で事故を起こしてしまうということが実際には良くあります。

 

そのため、給料を第一の条件にするのは問題ありませんが、通勤時間は40分以内など自分の体を壊さないようにするようになどいくつかの条件を転職サイトのアドバイザーの方に相談して決めた方が良い転職をすることができます。

 

性別

年齢

転職先

女性

46歳

総合病院

 

7.イメージ先行の転職は辞めるべきでした

 

前の職場の人間関係も良くなく、仕事の内容もきつくなっていました。年齢も50代前半ですし勝手にそこまできつくないイメージをしていた日勤で介護施設への転職をしました。

 

実際に転職した介護施設は看護師と介護士とスタッフの役割があいまいですごく仲が悪くて仕事内容も押し付けられたり、嫌味を言われたりかなりひどい感じでした。

 

実際に見学に行ったり面接で詳しくは聞いていたのですが、実際に転職をしてみると聞いていた施設とは全然違ったのでイメージだけで介護施設と決めたのは失敗だったなと思いました。

 

 

<職場を詳しく知っている人に相談することはとても重要>

 

 

介護施設でもそうですが、転職先の職場環境や状況を詳しく知っている人に事前に相談することって大事だなと思いました。

 

今回はハローワークで転職をしたのですが、職場に関しては求人票に載っている情報以外のことはわからず自分で情報を集める必要があったのですが、イメージが先行していたこともあり十分に情報を集めれなかったのも失敗だったなと思います。

 

実際には介護施設はすぐに辞めてしまいました。

 

次の転職先は転職サイトを利用したんですが、その時思ったのは転職サイトのスタッフは病院の情報を蓄積しているので、環境などの質問やわからないことも調べて連絡をくれるのですごくありがたかったです。

 

私みたいにイメージ先行で情報も集められない人は、転職サイトのスタッフに相談してイメージの確認をしたら失敗しにくいんじゃないのかなと思いました。

 

性別

年齢

転職先

女性

51歳

介護施設

 

8.毎日サービス残業です

 

ハローワークを使って100床の病院へ転職しました。前の病院も100床程度の病院でサービス残業が当たり前の職場で毎日1時間は最低でも残って仕事をしていました。

 

今度転職する病院は残業はしても良いけど残業代は出るような病院というのを前提にしようと思い、面接でも残業の状態などを聞きました。

 

でも、その時感じたのはどの病院も面接ではサービス残業はさせていない。残業があれば残業代はしっかりと払うと言っていました。転職した病院も面接した時にはサービス残業はなく残業があればしっかりと給料は支払うと言っていましたが。。。。。

 

転職した病院も以前の病院のように残業が当たり前の病院でした・・・・

 

 

<職場の状況がわかる人に聞くのが一番>

 

 

転職活動して思いましたが正しい情報は自分ではなかなか見つけるのは難しいなど感じました。

 

特に、残業などの状況は実際に働いてみないとわからないことも多かったです。実際に面接で残業について聞いてもどこの病院も同じような回答をしていたので、面接で残業などの状況を見抜くのは無理だと思いました。

 

ハローワークでももちろんそのような情報は教えてくれません。だから、ちょっと胡散臭さもありますけど、少しでも条件があう病院を探したかったら転職サイトみたいなサイト使って過去に転職した情報など詳しく教えてもらうのが良いんじゃないのかなと思いました。

 

性別

年齢

転職先

女性

28歳

小規模病院

 

9.能力に合わない科に配属されて苦労しました

 

以前の病院は意識の高い看護師が少なく、仕事だからしょうがなく看護をしているような環境に嫌気がさしてもっと意欲の高い環境で仕事がしたいと思って転職をしました。

 

もう少し実力が付いて来たら救急への配属を希望したいなどの話をしながら、中規模の救急病院へ転職をすることにしました。給料自体は以前の病院と変わらなかったのですが、職場を見せてもらった時に意欲が高いのを感じて即決めました。

 

 

<自信過剰も問題だなと思いました>

 

 

 

最初は整形外科に配属になったのですが、急に救急の看護師が足りなくなったということで急きょ救急に配属になりました。

 

これは自分の実力を伸ばすチャンスだと思って飛び込みましたが、救急ではチームワーク、即座に判断して行動をしなければいけないことが多くなかなか対応できなくかなり苦労しました。自信過剰な面があったので見事にやられました。

 

それでも、何度も悔しい思いをしながら今ではついていけるようになりましたが、その間は先輩看護師や医師に邪魔者扱いされたり辛い日々で辞めようかなとも思いました。

 

自分のように悔しくても付いていくことができる人ならいいですが、そうじゃない人にとっては徐々に成長できる環境を選んでいったほうが転職や退職せずに仕事が続けられるんじゃないのかなと思います。

 

性別

年齢

転職先

男性

26歳

中規模救急病院

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

看護師の転職サイトは多くてしかも特徴がわかりにくい。そんな数ある転職サイトで看護師の満足度が高い求人サイトをご紹介します。

 

 

 

【看護師転職の失敗体験談】転職がうまく行かなかった理由を公開中関連ページ

看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うの?
看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うのでしょうか?看護師が高収入を得るために必要になってくる仕事はどんなものなのか?
准看護師と正看護師の違いって何?仕事内容・給料など徹底比較
看護師の中でも正看護師と准看護師の違いに気づいている人は意外と少ないのではないのでしょうか?そこで、准看護師と正看護師の違いとは?
【准看護師の廃止って本当?】廃止の背景と正看護師になるためには?
失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収
男性看護師は職場の選び方などを間違えてしまうと確実に後悔します。そのため、男性看護師が求人・転職をするときに失敗したいための4つのポイントをご紹介しているので参考にしてください。
【男性看護師が働きやすい職場は?】男性人気が高い科ベスト4
専門看護師求人!年収・仕事内容は?専門看護師になるためには?
日本でもアメリカでも深刻な看護師不足
アメリカでも深刻な看護師不足はあるようです。日本でも看護師不足は深刻ですが、アメリカでの看護師不足の深刻さとは?
看護体制とは
看護体制とは看護師の仕事をスムーズに激務にならないようにするためにとても重要なポイントになっています。
看護方式の種類、特徴のメリットやデメリット
看護方式とはどのような方法でしょうか?看護師の仕事は24時間365日行われますが、それが計画を持って正しく行われなければいけませんが、実際には?
看護師の国家試験は大変?【難易度・勉強法・アプリをご紹介】
看護師の国家試験は大変?看護学生が国家試験あを受けますが実際に看護師の国家試験の難易度はどうなのでしょうか?