専門看護師の求人、年収・給料、仕事内容

看護師転職サイトの口コミや評判

専門看護師の求人、年収・給料、仕事内容ってどんなの?

 

専門看護師の求人、年収・給料、仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

1.専門看護師の求人・転職の3つのポイント

 

1-1.専門性を生かせる病院を選ぶ

 

 

専門看護師の能力を求める求人は多くあります。

 

専門看護師の資格を取得したら求人を探すことになりますが、
その際に注意しないとせっかくの資格が生かせなくなります。

 

・あなたの専門の科がある病院へ転職する
・手当てがしっかりと出る病院
・専門看護師がその病院にいること

 

など、自分の専門を生かすための病院への転職ができないと資格を取った意味もありませんし、5年ごとの更新の看護実践の実績、研修実績、研究業績等などのネタを確保するのが難しくなります。

 

そのため、専門性を生かすことができる病院を選ぶことがとても大事です!

 

 

 

1-2.奨学金や支援が期待できる病院を選ぶ

 

 

奨学金や金銭的な支援が期待できる病院を選ぶのもポイントです。

 

専門看護師になるためには大学院の修士過程を卒業する必要があり在学中は忙しく満足に働けません。働いていて十分な貯蓄があればいいのですが最低でも300万円近くかかるお金を用意するのは大変です。そのため、金銭的な支援のある病院への転職も考えても良いと思います。

 

金銭的な支援を受けていると一定の期間は辞められないなどのデメリットもあるのですが、専門看護師の資格を取得をするためには金銭的な支援も受けられる病院は魅力的です。

 

専門の資格を取るためには多くのお金が必要になので支援を受けられる病院への転職もおすすめです!

 

 

 

1-3.専門看護師求人は転職サイトで

 

 

専門看護師の求人は転職サイトで探すのが一番おすすめです。

 

専門看護師の求人というのはハローワークなどの公開されている求人にはほとんど載っていなく仕事をしながら自分で探すのは非常に難しいです。そのため、多くの専門看護師は自分にぴったりの求人を見つけるために看護師の転職サイトを利用する人が多いです。

 

専門看護師の資格取得後はかなり忙しくなることが予想できるので、忙しくても希望や専門を伝えておけばその求人を探してきてくれる転職サイトは専門看護師にとって使い勝手がとても良いのでおすすめです。

 

忙しい専門看護師には転職サイトで効率的に探すのがおすすめです!

 

 

専門看護師の転職なら看護のお仕事がおすすめ

https://kango-oshigoto.jp/


 

 

2.専門看護師の給料、役割・仕事内容

 

専門看護師の給料、役割・仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

2-1.専門看護師の年収や給料はどのくらい?

 

 

専門看護師の年収・給料は決して高くはありません。

 

専門看護師はその資格取得までの道のりは簡単ではなく、
5年に1回更新がある、常に勉強が必要な資格であります。

 

それにもかかわらず年収・給料にはほとんど影響してません!

 

専門看護師と常勤看護師の年収を比較してみると、

 

 

専門看護師の年収や給料に関して詳しく説明している画像

 

 

専門看護師はその専門性ゆえに必要な病院に勤務していれば相応の手当てが期待できるのですが、その専門性を生かせないような一般の病院に勤めてしまうと手当ても少なく一般の看護師と同レベルの年収や給料に落ち着いてしまうことが非常に多いようです。

 

そのため、専門看護師が高収入を得るには専門性を生かせる病院の転職が必須です!

 

 

 

2-2.専門看護師の役割

 

 

専門看護師とは、日本看護協会が認定・審査を行う看護のエキスパート資格のことです。

 

高度なケアを提供することや、看護学の向上などを目的としています。通常の看護師とは違い、特定の専門看護分野において看護技術や知識が高い水準に達していることが、専門看護師に必要な条件になります。

 

専門看護師の役割には6つが掲げられています。

 

   専門看護師の役割
@ 卓越した看護を個人やその家族・集団に行う実践
A 看護現場で働く看護者・ケア提供者へコンサルテーションを行う相談
B 保健医療福祉に関係する人々が、それぞれ円滑にケアできるようにコーディネーションする調整。
C 患者個人やその家族・集団の抱える倫理的な問題・葛藤を解決し、権利を守るため行動する倫理調整。
D 看護現場で働く看護者へ、看護ケア技術などの向上を目的とする教育。
E 専門知識・技術の向上や開発を目指す研究

引用:専門看護師の役割│日本看護協会

 

 

専門看護師はその専門性を生かした看護を実践し、患者さんやその家族に対して相談に乗ります。さらに、その専門知識を同僚の看護師などに対して相談や教育的役割を果たすなど専門的な高度な知識で幅広い役割を担っています。

 

専門看護師は高度な知識を生かして重要な様々な役割を担う存在です!

 

 

 

2-3.専門看護師の仕事内容

 

 

専門看護師は特定分野の資格を取得し専門を生かした仕事をしていきます。

 

どんな仕事をするのかというと、複雑で解決困難な看護問題を保有している個人や家族、集団に対して、水準の高い看護ケアを提供します。実践、相談、調整、倫理調整、教育、研究の6つの役割を果たす必要があり、保健医療福祉や看護学の発展に貢献する役割を担っています。

 

資格を取ると現場の指揮をとるようお願いされることが多くなります。他の看護師よりも迅速な判断と適切な処置が出来る専門看護師は、周りの看護師の意識改革を果たす役割も一任しています。

 

専門看護師が行う11の特定分野を詳しく見ていきます。

 

1.がん看護

 

がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供する。

 

2.精神看護

 

精神疾患患者に対して水準の高い看護を提供する。また、一般病院でも心のケアを行う「リエゾン精神看護」の役割を提供する。

 

3.地域看護

 

産業保健、学校保健、保健行政、在宅ケアのいずれかの領域において水準の高い看護を提供し、地域の保健医療福祉の発展に貢献する。

 

4.老人看護

 

高齢者が入院・入所・利用する施設において、認知症や嚥下障害などをはじめとする複雑な健康問題を持つ高齢者のQOLを向上させるために水準の高い看護を提供する。

 

5.小児看護

 

子どもたちが健やかに成長・発達していけるように療養生活を支援し、他の医療スタッフと連携して水準の高い看護を提供する。

 

6.母性看護

 

女性と母子に対する専門看護を行う。主たる役割は、周産期母子援助、女性の健康への援助に分けられる。

 

7.慢性疾患看護

 

生活習慣病の予防や、慢性的な心身の不調とともに生きる人々に対する慢性疾患の管理、健康増進、療養支援などに関する水準の高い看護を行う。

 

8.急性・重症患者看護

 

緊急度や重症度の高い患者に対して集中的な看護を提供し、患者本人とその家族の支援、医療スタッフ間の調整などを行い、最善の医療が提供されるよう支援する。

 

9.感染症看護

 

施設や地域における個人や集団の感染予防と発生時の適切な対策に従事するとともに感染症の患者に対して水準の高い看護を提供する。

 

10.家族支援

 

患者の回復を促進するために家族を支援する。患者を含む家族本来のセルフケア機能を高め、主体的に問題解決できるよう身体的、精神的、社会的に支援し、水準の高い看護を提供する。

 

11.在宅看護

 

在宅で療養する対象者及びその家族が、個々の生活の場で日常生活を送りながら在宅療養を続けることを支援する。また、在宅看護における新たなケアシステムの構築や既存のケアサービスの連携促進を図り、水準の高い看護を提供する。

引用:専門看護師特定分野一覧│日本看護協会

 

 

 

3.専門看護師になるためには?かかる費用は?

 

専門看護師になるためには?かかる費用は?に関して詳しく説明している画像

 

3-1.専門看護師になるためには?

 

 

専門看護師になるための道のりはかなり長いです。

 

@ 看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会の定める単位の取得
A 実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修が必要
B 専門看護師の資格試験に合格

 

 

専門看護師になるためには?に関して詳しく説明している画像

 

 

専門看護師は看護系大学院修士課程を修了をしなければいけないので、最低でも2年間は病院から離れて勉強をしなければいけません。さらに、専門看護師分野で3年以上の実務研修が必要になってくるなど資格の取得には非常にハードルが高いです。

 

また、専門看護師は5年おきに更新のための看護実績や研究などの書類審査をしないと専門看護師の資格を維持できないので、専門看護師でいるということはその分野で最先端の知識技術を持った看護師といえます。

 

そのため、スキルアップを考えている看護師にとって魅力的な資格です!

 

 

 

3-2.専門看護師になるためにかかる費用・学費は?

 

 

専門看護師になるためにかかる費用・学費に関して詳しく説明している画像

 

 

専門看護師になるまでにかかる費用や学費はどのくらいでしょうか?

 

大学院に通っている間は勉強や実習などで仕事との両立はなかなか難しいです。働けたとしても休日のアルバイト位なので大学院に入学する前にある程度のお金はためておく方が安心して勉強に打ち込めます。

 

専門看護師になるためにかかる費用・学費は、

 

 

資格取得までに必要になるお金

入学金

20万円〜50万円

2年間の学費

200万円〜400万円

2年間の生活費

70万円〜100万円

2年間の家賃

150万円〜200万円

認定試験審査料

5万円

登録手続き認定料

5万円

 

 

大学院によっても、公立・私立によっても違うんですが、平均すると2年間で400万円位のお金は必要になってきます。休日のアルバイトも可能だと思いますがそれでも200万円くらいは事前に貯蓄しておくと安心できます。

 

 

 

3-3.金銭的なサポートが受けられる病院を選ぶ

 

 

専門資格の取得で金銭的なサポートが受けられる病院や奨学金があります。

 

専門資格取得には最低でも300万円〜400万円というお金がかかってきてそれを事前に貯蓄するのは難しいですし、専門看護師になるための費用や学費がネックになって諦めてしまう看護師が多いのも現実です。

 

しかし、専門看護師になるまでの金銭的な支援

 

・病院で200万円までの無利息で貸付
・学費の半分までは病院側の負担
・公益法人による奨学金・助成金

 

など、専門看護師になりたい看護師が金銭的な問題で諦めないように、金銭的なサポートが期待できる病院のサポートや奨学金・助成金が増えてきました。

 

金銭的な問題があるならサポートしてくれる病院を選ぶというのも良い方法です!

 

 

<奨学金・助成金支援>
助成金等│日本看護協会

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が口コミでおすすめする求人サイト特集

 

専門看護師が希望に沿った条件の病院を見つけるためにはハローワークではきついです。転職サイトなら専門看護師にぴったりの病院が見つかります。

 

 

 

 

 

専門看護師求人!年収・仕事内容は?専門看護師になるためには?関連ページ

看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うの?
看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うのでしょうか?看護師が高収入を得るために必要になってくる仕事はどんなものなのか?
准看護師と正看護師の違いって何?仕事内容・給料など徹底比較
看護師の中でも正看護師と准看護師の違いに気づいている人は意外と少ないのではないのでしょうか?そこで、准看護師と正看護師の違いとは?
【准看護師の廃止って本当?】廃止の背景と正看護師になるためには?
失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収
男性看護師は職場の選び方などを間違えてしまうと確実に後悔します。そのため、男性看護師が求人・転職をするときに失敗したいための4つのポイントをご紹介しているので参考にしてください。
【男性看護師が働きやすい職場は?】男性人気が高い科ベスト4
日本でもアメリカでも深刻な看護師不足
アメリカでも深刻な看護師不足はあるようです。日本でも看護師不足は深刻ですが、アメリカでの看護師不足の深刻さとは?
看護体制とは
看護体制とは看護師の仕事をスムーズに激務にならないようにするためにとても重要なポイントになっています。
看護方式の種類、特徴のメリットやデメリット
看護方式とはどのような方法でしょうか?看護師の仕事は24時間365日行われますが、それが計画を持って正しく行われなければいけませんが、実際には?
看護師の国家試験は大変?【難易度・勉強法・アプリをご紹介】
看護師の国家試験は大変?看護学生が国家試験あを受けますが実際に看護師の国家試験の難易度はどうなのでしょうか?
【看護師転職の失敗体験談】転職がうまく行かなかった理由を公開中