失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収

看護師転職サイトの口コミや評判

失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収

 

男性看護師が求人・転職で注意したい4つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.男性看護師が求人・転職で注意したい4つのポイント

 

男性看護師は転職先選びは慎重にした方が良いんです。

 

男性看護師はただでさえ少ないので女性看護師が多い職場に行くと、

 

・男性看護師が全くいない
・女性看護師の派閥争いに巻き込まれる
・ナースステーションに居づらい

 

など、肩身の狭い思いをしてしまうのも男性看護師の転職を考えてしまう理由になります。

 

そこで、男性看護師が注意したい転職の4つのポイントをご紹介します。

 

 

1-1.男性看護師が多い職場を選ぶ

 

 

男性看護師が多い職場を選ぶに関して詳しく説明している画像

 

 

男性看護師が多い職場を選ぶというのはとても重要です。

 

男性看護師の転職理由の1位が職場の人間関係と答えており、特に女性社会に慣れることができず、職場で孤立してしまって転職を考えるという男性看護師も多いのが特徴的です。

 

男性看護師の転職理由も、

 

男性看護師の転職理由

割合

1位

人間関係(女性看護師・同僚・上司)

47%

2位

スキルアップのため

23%

3位

他の分野への興味

13%

4位

給料・待遇

7%

5位

進学

3%

 

 

そのため、男性看護師が求人を探すときには、女性看護師と男性看護師の割合がどの程度かを確認して最低でも自分を含めて3人は男性看護師がいる職場を選ぶのが転職を成功させるためには重要です。

 

男性看護師が多い職場を選ぶのが求人を選ぶときの大きなポイントです!

 

 

 

1-2.男性看護師が必要とされる職場を選ぶ

 

 

男性看護師が必要とされる職場を選ぶのが働き甲斐があります。

 

まだまだ男性看護師が少ない影響から女性が求められる職場と男性が求められる職場は分かれており、男性看護師が求められている職場に転職することが自分のためにも働き甲斐を求めるためにも重要です。

 

特に、男性看護師が求められている職場は、

 

・男性専門の病院(AGA、泌尿器科)
・形成外科
・老人施設・リハビリ
・精神科

 

このような科は男性、女性分け隔てなく求人募集がされており、男性看護師を積極的に採用しているので男性看護師も多い職場としてやりがいを持って仕事をすることができます。

 

必要とされる職場を選ぶのも失敗しない転職をするためには重要です!

 

 

 

1-3.ハローワークは補助的に利用する

 

 

求人を探すときにはハローワークは補助的に利用するのも重要です。

 

ハローワークは転職の時に利用しやすいのですがデメリットも実は多いんです。

 

ハローワークのデメリット

@

離職率の高い病院も中にはある

A

求人募集している病院の環境や雰囲気がわからない

B

その人の持っている悩みの相談に乗って求人を提案してくれない

C

ハローワークに実際に行かないといけないので時間がかかる

D

看護師の男性女性の構成比がわからない

 

など、ハローワークには看護師以外の多くの人が求人を求めてやってくるので、その看護師の転職の条件や転職理由を詳しく相談に乗って求人を探して提案をするということはハローワークではなかなか難しいんです。

 

そのため、ハローワークをメインで転職活動をするのはおススメできません!

 

 

 

1-4.事前に職場を確認できる転職サイトを利用する

 

 

事前に職場を確認できる転職サイトを利用するに関して詳しく説明している画像

 

 

転職で失敗しないために事前に病院の環境を確認することが重要です。

 

内定が決まる前に病院の確認をしておくことで、

 

・看護師の割合やコミュニケーションがわかる
・病院全体の働きやすさがわかる
・感覚的に働きたいかどうかがわかる
・説明された病院の情報と自分の感覚の違いがわかる

 

事前に自分の目で確認することでわかることはいっぱいあります。

 

ハローワークでは口頭での説明だけになってしまうのですが、看護師の転職サイトでは病院見学から内部の事情まで詳しく説明してもらえるので職場の人間関係で転職を考えている人にとっては失敗しないためには転職サイトの活用も考えてみると良いと思います。

 

職場を事前に確認するためにも転職サイトの利用もポイントです!

 

 

<男性看護師にお勧めの転職サイト>

 

男性看護師にお勧めの転職サイトに関して詳しく説明している画像

 

 

看護のお仕事は男性看護師の転職におすすめです。

 

看護のお仕事では看護師の求人数全国で13万件と求人を豊富に取り揃えています。しかも、看護のお仕事は男性看護師の転職実績も豊富なので、悩みを一緒に考えてあなたにぴったりの求人を紹介してくれます。

 

看護のお仕事では転職した看護師からのフィードバックなどを受けて病院の内部情報を溜めているので、転職後に聞いていたのと違うというミスマッチが少ないのも特徴の一つです。

 

男性看護師が転職を考えているならおすすめできる転職サイトです!

 

 

男性看護師にぴったりの求人が見つかる看護のお仕事

https://kango-oshigoto.jp/


 

 

2.男性看護師の将来性やその割合、役割は?

 

男性看護師の将来性やその割合、役割は?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.男性看護師の将来性やその割合

 

 

最近では病院内で多くの男性看護師を目にすることができます。

 

女性中心の看護師の中看護師の数は全国で約101万5000人おり、
男性看護師は約6万3000人と言われています。(平成24年時)

 

男性の看護師は年々増えており、全体の約6%の割合になっています!

 

 

平成18年

平成20年

平成22年

平成24年

看護師(全体)

811,972人

877,182人

952,723人

1,015,744人

男性

38,028人

44,884人

53,748人

63,321人

女性

773,944人

832,298人

898,975人

952,423人

全体の中の割合

4.68%

5.12%

5.64%

6.23%

『平成24年衛生行政報告』(厚生労働省)

 

 

このように、看護師の需要は非常に高まっていて人数も増えており、その中でも男性看護師の全体の看護師の中でも割合も高まっているので将来性も期待できます。

 

特に、女性の看護師は妊娠や出産などのライフイベントで退職するケースも多いので、男性の場合にはライフイベントで退職することもほとんどないので看護師の安定的な確保のために男性看護師を積極的に採用している病院も多いので男性看護師の将来性は非常に高まっています。

 

 

 

2-2.男性看護師の役割は拡大している

 

 

男性看護師の役割は増えてきています。

 

男性看護師は一般のサラリーマンに比べて給料の水準も高く、パソコンや機械などのスキルなど高い集中力と判断力が生かされるのも男性看護師なのです。

 

男性看護師に期待している役割というと、

 

・高齢者の看護や暴る患者さんの対応などの力仕事
・出産などの退職や休職がないので人員の確保がしやすい
・男性が入ることによる女性特有の問題の解消

 

など、女性社会でなかなか解消できないことも解消することが大いに期待されています。

 

そのため、男性の看護師ならではという役割は多く病院で期待されています!

 

 

看護のお仕事:転職でお祝い金最大で12万円

https://kango-oshigoto.jp/


 

 

 

3.男性看護師の給料事情

 

男性看護師の給料事情に関して詳しく説明している画像

 

 

男性看護師の給料は同年代の男性に比べて高収入です。

 

男性看護師とサラリーマンの基本給は同じくらいの水準なのですが、看護師には一回当たり2万円前後の夜勤手当というのがあるのでそれがプラスされるために同年代のサラリーマンの年収に比べるとその分高給になります。

 

男性看護師と男性サラリーマンの年収を比較すると、

 

男性看護師と男性サラリーマンの年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

夜勤の分だけ100万円近くも男性看護師の年収は上がります!

 

また、病院での看護業務は基本的に残業がしっかりとつくという病院が多いので、サービス残業が非常に多い一般企業と比べると給料や待遇は男性看護師の方が良い場合が多いですね。

 

 

一方で、男性看護師と女性看護師の年収の差はどうなっているのでしょうか?

 

男性看護師と女性看護師の年収を比較してみると、

 

男性看護師と女性看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

男性看護師と女性看護師の年収や待遇はほとんど差がないんです!

 

男性看護師の方が圧倒的に人数が少なく役職についているのが女性の看護師が多いという影響で、平均すると女性看護師の方が多くなっていますが、これから男性看護師が増えれば改善されていくでしょう。そのため、今後女性看護師と男性看護師の待遇の差はなくなります。

 

 

看護のお仕事:転職でお祝い金最大で12万円

https://kango-oshigoto.jp/


 

 

 

4.男性看護師の職場や将来性での悩み

 

男性看護師の職場や将来性での悩みに関して詳しく説明している画像

 

4-1.男性看護師の職場での悩み

 

 

女性社会の看護職で悩みを抱える男性看護師も実際には多いんです。

 

男性看護師が増えつつあると言っても女性中心の職場であると言う現状はうかがえます。しかし、男性看護師の地位の確立も少しずつ確立されつつあるのも事実です。

 

いまいる職場に男性看護師が多くいれば、気にすることは少ないかもしれませんが、
病棟の看護師で男性看護師がたった一人だけだと、

 

・力仕事などの雑用を任されてしまう
・コミュニケーションや考え方の違い
・女性看護師との接し方

 

など、々な葛藤を抱えている男性看護師もいるようです。また女性の考え方や価値観、男性の考え方や価値観の違いなどからコミュニケーションの取り方や仕事に対する考え方の違いが出てきます。女性中心の職場ではどうしても人間関係や若い女性の患者さんとの関わり合いなど様々な苦労があるようです。

 

そのため、なかなか職場で自分の立ち位置がわからない男性看護師は多いんです!

 

 

 

4-2.男性看護師の将来性の悩み

 

 

実は男性看護師は将来についても悩むことが多いんです。

 

男性看護師に特徴的なのが家族を養っていかなければいけないという責任感や女性看護師はライフイベントで退職や休職が可能になってくるので女性看護師があまり意識しないような悩みや将来に対しての不安を感じることが多いんです。

 

特に、30代から〜40代の看護師が不安に感じてしまうのが、

 

・現場で走り回って仕事、夜勤ができるのか?
・管理職の手当だけでは夜勤の手当て以下
・女性社会で管理職になった場合の統制
・給料を考えて残業だらけをなってしまう
・国立大学を卒業している場合のコンプレックス

 

特に、20代の男性看護師が上の世代の男性看護師の話を聞きながら、結婚して子供を考えたりすると自分の男性看護師としての将来に不安を感じてしまうようです。

 

このように、家族を養う男性看護師特有の悩みがあるんですね!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が口コミでおすすめする求人サイト特集

 

男性看護師も転職する時には転職サイトを使うのがおすすめです。男性が多い病院など希望に沿った病院はハローワークより転職サイトの方が見つけやすいのでおすすめです。

 

 

 

失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収関連ページ

看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うの?
看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うのでしょうか?看護師が高収入を得るために必要になってくる仕事はどんなものなのか?
准看護師と正看護師の違いって何?仕事内容・給料など徹底比較
看護師の中でも正看護師と准看護師の違いに気づいている人は意外と少ないのではないのでしょうか?そこで、准看護師と正看護師の違いとは?
【准看護師の廃止って本当?】廃止の背景と正看護師になるためには?
【男性看護師が働きやすい職場は?】男性人気が高い科ベスト4
専門看護師求人!年収・仕事内容は?専門看護師になるためには?
日本でもアメリカでも深刻な看護師不足
アメリカでも深刻な看護師不足はあるようです。日本でも看護師不足は深刻ですが、アメリカでの看護師不足の深刻さとは?
看護体制とは
看護体制とは看護師の仕事をスムーズに激務にならないようにするためにとても重要なポイントになっています。
看護方式の種類、特徴のメリットやデメリット
看護方式とはどのような方法でしょうか?看護師の仕事は24時間365日行われますが、それが計画を持って正しく行われなければいけませんが、実際には?
看護師の国家試験は大変?【難易度・勉強法・アプリをご紹介】
看護師の国家試験は大変?看護学生が国家試験あを受けますが実際に看護師の国家試験の難易度はどうなのでしょうか?
【看護師転職の失敗体験談】転職がうまく行かなかった理由を公開中