看護学校の学費、奨学金、授業内容はどのようになっているの?

看護師転職サイトの口コミや評判

看護学校の学費、奨学金、授業内容はどのようになっているの?

 

看護学校の学費、奨学金、授業内容に関して詳しく説明している画像

 

1.看護学校の学費の相場どのくらいなの?

 

看護学校の学費の相場は平均すると100万円前後から〜300万円前後位です。

 

看護学校に通うためにはいくらかかるのか気になる方が多いと思います。実際医療系の学校というのは実習があるので一般的な専門学校や短大、大学に比べて学費が高くなる傾向があるのでどのくらい実際にかかるのか知っておくとどれだけ準備が必要なのかわかるので参考にしてください。

 

看護学校な公立、私立、大学、専門学校でも大きく変わってきます!

 

以下では人気の有名な学校の入学金を含めた1年目に必要な学費をご紹介していきます。

 

学校名

入学金

授業料等

合計

<看護大学>      
(公立、国立)      
国立大学

169,200円

535,800円

705,000円

(282,000円)

(817,800円)

大阪市立大学

222,000円

535,800円

757,800円

(342,000円)

(877,800円)

神戸市看護大学

282,000円

535,800円

817,800円

(423,000円)

(958,800円)

(私立)

獨協大学(看護学部)

500,000円

1,350,000円

1,850,000円

東邦大学(看護学部)

500,000円

950,000円

1,450,000円

<看護短期大学>

(公立)

川崎市立看護短期大学

84,600円

562,900円

647,500円

(169,200円)

 

(732,100円)

(私立)      
大阪信愛女学院短期大学

200,000円

1,611,250円

1,811,250円

福井医療短期大学

250,000円

900,000円

1,125,000円

<看護専門学校>      
北海道看護専門学校

200,000円

1,300,000円

1,500,000円

久喜看護専門学校

300,000円

840,000円

1,140,000円

ハートランドしぎさん看護専門学校

100,000円

1,810,000円

1,910,000円

 

 

 

大学でも専門学校でもそうですが国立、公立か私立によって100万円近くの学費差になります!

 

そのため、学費がこれだけ違うので受験の難易度も学費が安い国立や公立は受験者が殺到してしまうので、倍率は高くなり難易度は高くなってしまう特徴があります。国立や公立の学校を目指すのであれば受験勉強を早目に始めることが必要になってきます。

 

 

 

2.看護学校の奨学金制度は?

 

看護学校の奨学金制度に関して詳しく説明している画像

 

2-1.看護学校で奨学金は借りられるの?

 

 

看護学校では奨学金を利用することが可能です。

 

国立や公立ならまだ学費の負担も私立に比べると低いのですが、私立の看護学校を選んでしまうと学費の負担が重くなっているので、看護師になるのをあきらめてしまう人が多くならないようにどこの私立の看護学校でも奨学金制度を用意しています。

 

学校によって奨学金の種類や内容は変わってきますが、奨学金の条件が卒業後の就職先が提携の病院であったり、出席日数や学校での成績が条件になるような学校もあるので受験を受ける前に奨学金の条件というのを確認しておくといいでしょう。

 

看護師になればすぐに返済が可能なので奨学金を利用するのは後でそこまで負担にはなりません!

 

 

 

2-2.日本学生支援機構の奨学金制度は?

 

 

日本学生支援機構の奨学金とは、経済的な理由で大学、短期大学、看護学校へ進学するのが困難な優れた学生に奨学金を貸与して安心して勉強をしてもらいたいという理念のもと運営されています。

 

日本で最も利用者が多い奨学金制度で、高校を卒業する方、社会人から看護学校等に通う方、シングルマザーの方も条件を満たしていれば申し込めます。

 

申し込みは学校を通じて申し込む必要があるため、入学後の大学、短期大学・看護学校の学生科へ行って相談をしてみてください。

 

 

<大学の場合の奨学金>

 

国・公立大学

私立大学

通学手段

自宅

自宅以外

自宅

自宅以外

第一種奨学金
(無利息)

45,000円

51,000円

54,000円

64,000円

30,000円

第二種奨学金
(利息あり)

30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円のいずれか

 

 

<短期大学・専門学校の場合の奨学金>

 

国・公立短大・専門

私立大学短大・専門

通学手段

自宅

自宅以外

自宅

自宅以外

第一種奨学金
(無利息)

45,000円

51,000円

53,000円

60,000円

30,000円

第二種奨学金
(利息あり)

30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円のいずれか

 

 

(参考)
独立行政法人 日本学生支援機構

 

 

 

2-3.各学校で設けられている奨学金制度は?

 

 

各学校で設けられている奨学金制度をご紹介していきます。

 

 

<帝京大学病院グループ>

 

 

概要

勤務先

帝京大学医学部附属病院
帝京大学医学部附属溝口病院

対象

看護師、助産師を養成する学校に在学する看護学生で
卒業後、大学附属の各病院に看護師、助産師として勤務する者

貸与額

月額3万円

期間

2年次〜4年次の3年間

返済期間

この奨学金は帝京大学グループの看護師・助産師として
貸与年数勤務すれば返還が免除になります。

 

 

概要

勤務先

帝京大学ちば総合医療センター

対象

看護師、助産師を養成する学校に在学する看護学生で
卒業後、大学附属の各病院に看護師、助産師として勤務する者

貸与額

月額5万円

期間

1年次〜4年次の4年間

返済期間

この奨学金は帝京大学グループの看護師・助産師として
貸与年数勤務すれば返還が免除になります。

 

(参考)
帝京大学グループ看護学生奨学金制度

 

 

 

<順天堂大学>

 

 

概要

勤務先

対象

順天堂大学医療看護学部の学生および卒業生で、
看護大学及び大学院(一般大学・大学院を含む)に通学する学生

貸与額

月額3万円〜5万円

期間

1年次〜4年次の4年間

返済期間

貸与期間終了後2年以内に半額以上返済し、4年間で全額返済する。

 

(参考)
順天堂大学看護学部同窓会奨学金制度

 

 

<日本大学医学部附属看護専門学校>

 

 

概要

勤務先

日本大学医学部付附属板橋病院・日本大学病院

対象

日本大学医学部附属看護専門学校に入学する、在学する者

貸与額

月額3万円

期間

1年次〜2年次の2年間

返済期間

この奨学金は日本大学医学部付附属板橋病院
日本大学病院に貸与年数勤務すれば返還が免除になります。

 

(参考)
日本大学医学部附属看護専門学校奨学金制度

 

 

 

3.看護学校の授業やバイト関係

 

看護学校の授業やバイト関係に関して詳しく説明している画像

 

3-1.看護学校の授業

 

 

看護学校での授業は座学と実習に分かれていきます。

 

最初は学校で座学と実習を重ねて2年、3年と進むに従って実際には病院に出向いて看護師の指導を受けながら看護師に必要な技術などを学んでいきます。看護学校の授業は非常に多岐にわたっており、社会学などの一般教養から始まり看護過程などの看護師になるための分野まで非常に多く単位を取る必要があります。

 

看護師になるために必要な知識は非常に多いんです!

 

学校内の実習では看護学生同士で採血を行ったりします。その過程が一通りできるようになった段階で提携している病院で実際の患者さんに看護の基本から看護師に必要な技術を学んでいくという過程を通じて看護師としての心得を学んでいくんですね。

 

 

 

3-2.看護学校に通いながら働ける?

 

 

看護学校に通いながら病院で働くのは大変です。

 

しかし、看護学校とは違い病院で正看護師から学ぶことも多いので、後に正看護師になった際に活かせる経験だと思います。実際に病院の医療の現場にいることで、看護師の本当の姿が見えるので、これから自分が働く現実を知ることができるのでその点は看護学生をしながら働く大きなメリットだと思います。

 

それでも、看護学生をしながら病院で働くことには大きなデメリットもあります!

 

看護学生は看護師ではないので看護助手として病院で働くことになってきますが、仕事のほとんどはベッドメイキングや看護師がやらない雑用などの業務になってくるので看護能力が上がるということは基本的にはありえず変な癖がついてしまう可能性があります。

 

 

 

3-3.看護学生は学校での授業に集中すべき

 

 

看護学生はやはり学校での授業に専念すべきです。

 

比較的余裕な実習がない1年の時にバイトをやるのは良いのですが、看護助手の仕事を覚えたころには看護学校で実習が始まってしまい、看護の実習が始まってしまえば他のバイトをしている暇もないので結局辞めることになるので病院側に迷惑をかける形になってしまうかもしれません。

 

看護学生の本分は学校で看護をしっかりと学ぶことです!

 

医療現場の進歩は非常に速いものがありますし、専門用語も多いので、実習などを通じて覚えなければいけないことが山ほどあるからです。そのため、看護学生のうちに病院で働くメリットというのはほとんどなく、学校を卒業できるように看護学校の授業を優先させるべきなんです。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が転職で満足度が高い求人サイト特集

 

転職で悩む看護師にお勧めなのが転職サイト。看護師の人気、満足度が高いおすすめの求人サイトを特集中