看護方式の種類、特徴のメリットやデメリット

看護師転職サイトの口コミや評判

看護方式の種類、特徴のメリットやデメリット

 

看護方式に関して詳しく説明している画像

 

1.看護方式の種類、特徴

 

1-1.看護方式とは?

 

 

看護師の仕事は、24時間体制になります。
とはいえ、看護師1人ができる仕事量には限度があります。

 

そこで、考えられたのが「看護方式」です!

 

看護方式とは、複数の看護師でチームを組んで看護を行うことで、
患者に対する看護を十分に行えるよう役割分野を決めることです。

 

 

 

1-2.看護方式には様々な種類が

 

 

看護方式と一言で言っても、その種類はさまざまです。

 

最近、主流となっている看護方式だけでも、

 

・チームナーシング
・プライマリーナーシング
・モジュール型看護方式
・機能別看護方式

 

どの看護方式も、これまでの医学経験やノウハウを経て考えられたものです。

 

どの看護方式を選ぶかは、病院の病床数や患者の様態や治療方法などを考慮して選択されます。それぞれの看護方式には、メリットとデメリットがあります。

 

たとえば、1人の看護師が患者を入院から退院まで一貫して担当するプライマリーナーシングは、患者との信頼関係が築きやすいメリットがある一方で、看護内容に能力差が生じてしまう可能性があります。

 

そのため、複数の看護方式の良い所取りをした看護方式を目立っています!

 

 

 

2.看護方式の特徴のメリットやデメリット

 

看護方式の特徴のメリットやデメリットに関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.チームナーシング

 

 

チームナーシング意味

 

チームナーシングとは、

 

1つの病棟を2つ以上のチームにわけます。そして各チームリーダーの下、チーム単位で一定の患者を受け持って看護ケアを提供するという方式を指します。

 

アメリカで考え出された方法で、看護助手や新人看護師、ベテラン看護師など、能力に差がある人材で一定水準の看護を目指すことを目的としています。

 

チームナーシングは、能力に差がある人材でいかに一定水準の看護を提供するかというコンセプトの元に生まれたもので、一病棟につき2つ以上のチームを編成して一定期間固定します。

 

メリット

 

編成されたチームは一定の患者を持ち、チームリーダーの責任の下、24時間体制で患者の看護ケアを実施します。リーダーの責任能力や統率力が大きく影響する看護方式で、看護師に能力差があっても一定水準の看護を提供できるのがメリットです。

 

また、協同意欲が高まり、個々の成長が期待できるという利点もあります。

 

@ 一定水準の看護の提供
A 協同意欲が高まる
B 個々の成長が期待

 

デメリット

 

患者から見て自分の担当者がわかりにくいという側面があり、チームリーダーに高い能力と責任が求められるデメリットがあります。

 

@ 担当看護師がわかりにくい
A リーダーに高い能力と責任感が必要

 

 

 

 

2-2.プライマリナーシング

 

 

プライマリナーシング意味

 

プライマリナーシングは、

 

一人の患者さんを一人の看護師が入院から退院に至るまで一貫して担当をするという方式になります。

 

メリット

 

プライマリーナースの看護方式では1対1で患者さんを対応することから患者さんとの信頼関係を築きやすく、看護師はその患者さんに対してやりがいをもって仕事をすることができるので看護師の仕事に対しての理解度が上がり、自主性が高まるので看護師の成長につながるケースが多いというメリットがあります。

 

@ 患者さんとの信頼関係が築きやすい
A 看護師としての仕事にやりがい
B 看護師の成長につながる

 

デメリット

 

プライマリーナースは1人の看護師が1人の患者さんに付くので看護師の能力によって看護内容に差が出る可能性があって患者さんの不満につながるケースがあり、他の看護方式に比べて看護師の人数が多くなり、患者さんの看護師間の連携が取りにくいというデメリットがあります。

 

@ 看護師の能力で看護に差が出る
A 看護師の人数が多くないとできない
B 看護師の連携が取りにくい

 

 

 

 

2-3.モジュール型看護方式

 

 

モジュール型看護方式意味

 

モジュール型看護方式は

 

チームナーシングとプライマシーナーシングを日本に合うように作られた看護方式です。病棟に2つ以上のチームを作り、それぞれのチームの中から数人のモジュールを作りモジュール単位で患者さんの入院から退院まで看護を行います。

 

メリット

 

モジュール単位で患者さんの看護を行うため、全体的に患者さんを把握でき、患者さんがどの看護師が自分の担当であるかをわかるので安心して看護が受けられる。

 

また、モジュール単位のチームで看護を行うので看護師の能力の違いをリーダーが補えるので、看護の質を一定に保つことができる。

 

@ 患者さんの把握がしやすい
A 患者さんが担当者を把握しやすい
B 看護の質を一定に保つことが可能

 

デメリット

 

モジュール型看護方式ではプライマシーナースとしての役割も求められるので、看護師一人一人が自立した判断や考えが必要になり、さらに看護師間で密なコミュニケーションが成功のカギになります。

 

モジュール型看護方式では患者さんの数が変わるごとにチームやモジュールを変更しなければいけないというデメリットも存在します。

 

@ 看護師個人に対して自立した判断力が求められる
A 患者の数の変動によるモジュールの組み直し
B 看護師間の密なコミュニケーションが必要

 

 

 

 

2-4.機能別看護方式

 

 

機能別看護方式意味

 

機能別看護方式は

 

看護師の能力に応じた業務が割り当てられる方式で、検温・体をふく・注射や投薬など看護師の仕事能力に応じて担当が割り振られ、各看護師が様々患者さんに対応してその割り振られた業務を行う方式をいう。

 

メリット

 

機能別看護方式では看護師の仕事が分業化される為に業務効率が良い効率が良いので看護師の人数が少なくてできることに大きなメリットがあります。

 

また、看護師の業務への得意不得意で業務を分けるので、看護師が得意な分野で能力を発揮しやすく特定の業務への成長度が高いというのが大きな特徴です。

 

@ 業務の分業化で効率が良い
A 看護師の能力を発揮しやすい
B 看護師の特定の業務の成長度が高い

 

デメリット

 

機能別看護方式では他の業務が出来ないために看護師の満足度が低く、担当の患者さんがいないのコミュニケーションが不足しやすいデメリットがあります。

 

業務が分担されているので看護師間のコミュニケーションが不足しやすく、看護師が業務ごとに変わるので患者さんが不安を感じやすいんです。

 

@ 看護師の満足度が下がりやすい
A 看護師間のコミュニケーションが不足しやすい
B 業務ごとに変わるので患者さんが不安に感じやすい

 

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

看護師の転職サイトは多くてしかも特徴がわかりにくい。そんな数ある転職サイトで看護師の満足度が高い求人サイトをご紹介します。

 

 

 

看護方式の種類、特徴のメリットやデメリット関連ページ

看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うの?
看護師は日勤と夜勤で給料はどのくらい違うのでしょうか?看護師が高収入を得るために必要になってくる仕事はどんなものなのか?
准看護師と正看護師の違いって何?仕事内容・給料など徹底比較
看護師の中でも正看護師と准看護師の違いに気づいている人は意外と少ないのではないのでしょうか?そこで、准看護師と正看護師の違いとは?
【准看護師の廃止って本当?】廃止の背景と正看護師になるためには?
失敗しない男性看護師求人・転職の4つのポイント│今後の将来性や年収
男性看護師は職場の選び方などを間違えてしまうと確実に後悔します。そのため、男性看護師が求人・転職をするときに失敗したいための4つのポイントをご紹介しているので参考にしてください。
【男性看護師が働きやすい職場は?】男性人気が高い科ベスト4
専門看護師求人!年収・仕事内容は?専門看護師になるためには?
日本でもアメリカでも深刻な看護師不足
アメリカでも深刻な看護師不足はあるようです。日本でも看護師不足は深刻ですが、アメリカでの看護師不足の深刻さとは?
看護体制とは
看護体制とは看護師の仕事をスムーズに激務にならないようにするためにとても重要なポイントになっています。
看護師の国家試験は大変?【難易度・勉強法・アプリをご紹介】
看護師の国家試験は大変?看護学生が国家試験あを受けますが実際に看護師の国家試験の難易度はどうなのでしょうか?
【看護師転職の失敗体験談】転職がうまく行かなかった理由を公開中