精神科看護師求人!給料や仕事内容やその役割

看護師転職サイトの口コミや評判

精神科看護師求人!給料や仕事内容やその役割とは?

 

精神科看護師求人!給料や仕事内容やその役割に関して詳しく説明している画像

 

1.精神科の看護師求人おすすめの理由

 

1-1.職場の雰囲気が良い所が多い

 

 

精神科の看護師は男性が多く職場環境が良い所が多いんです。

 

看護師の転職理由の多くは女性ならではの人間関係の悪化からの転職が最も多く、次の転職先に求める条件を職場環境の良さを挙げる看護師は非常に多いんです。

 

精神科というのは自分の感情をコントロールできずに暴れてしまう患者さんもいるので、男性看護師が他の科に比べて多いので女性ならではの人間関係の悪化というのは起こりにくいという大きなメリットがあります。

 

男性看護師が多いので職場環境が良いのが特徴的です!

 

 

 

1-2.残業が比較的少ない

 

 

精神科は比較的残業が少ない科と言われています。

 

精神科は急性期や救急でもなければほとんど残業が発生することがなく、比較的ゆったりとした雰囲気で患者さんと向き合うことができるというのが大きな魅力です。

 

急性期や救急では精神的な症状が重い患者さんが来るので忙しく、対応も大変なため残業が多いのですが、慢性期の精神科では症状が安定している患者さんが多いので残業もほとんどなく定時に帰れることも多いんです。

 

慢性期の精神科であれば残業はほとんどなく定時で帰ることも可能です!

 

 

 

2.精神科の看護師求人を探すときに注意したい5つのポイント

 

精神科の看護師求人を探すときに注意したい5つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

2-1.精神科は医療行為のスキルアップは期待できない

 

 

精神科は看護師スキルアップにはあまりおすすめできません。

 

精神科の看護師というのは基本的な仕事に医療行為をすることが少ないので、

 

・看護師としての仕事の幅が狭まる
・転職の際の選択肢が少なくなる

 

など、看護師としての仕事の幅が狭くなってしまいます。精神科しか経験がないと患者さんが万が一急変した時の対応が瞬時にできなくなってしまうことや転職の際に医療行為を伴う科への転職をためらってしまうなどのデメリットがあるからなんですね。

 

そのため、スキルアップのために精神科への転職はおススメできません!

 

まずは、一般病棟や外来の経験をして医療行為を行う環境に身を置きながら5年程度の期間勤めて、それでも、精神科の看護師になりたいと思った場合に精神科への転職を検討するのが今後の看護師人生を考えても一番良い方法です。

 

 

 

2-2.患者さんの影響を受けてしまうことも

 

 

精神科では患者さんの影響を受けてしまう可能性もあります。

 

精神科ではうつ症状など精神的な問題がある患者さんが毎日のように来院するので、その閉塞感のような状況に影響を受けて自分も精神病を患ってしまうことになる可能性も否定できません。

 

精神科を希望する時には自分の性格がどうなのかをしっかりと見極めていかないと、気分が落ち込みやすかったり・少しのことにも影響を受けてしまう人は精神科の雰囲気特に急性期の雰囲気には慣れないかもしれないですね。

 

そのため、精神科への転職は自分の性格を見極めて決めるべきです!

 

 

 

2-3.慢性期か急性期かをしっかりと考えて選ぶこと

 

 

精神科の仕事内容は慢性期か急性期かによって大きく変わります。

 

慢性期の症状の患者さんが多ければ精神状態が比較的安定しており暴れたりすることもあまりないので、ゆっくりと患者さんと接したい場合には慢性期の患者さんが多い病院が向いています。

 

一方で、急性期や救急の精神科というのは24時間患者さんを受け入れて、患者さんの症状が激しいという特徴があるので、慢性期とは違い忙しく暴力や暴言を受ける可能性もあるというのは知っておきましょう。

 

 

慢性期

急性期

患者さんの症状

比較的安定している 症状が激しい

看護師の仕事

・採血
・点滴
・食事介助
・おむつ交換
・採血
・点滴
・食事介助
・おむつ交換
・暴力や暴言の制止、拘束

メリット

・ゆったりと患者と向き合える
・患者さんの暴力暴言は少ない
・残業が少ない
・精神科のスキルが上がる
・多くの症例経験が積める

デメリット

・医療行為がほとんどない
・介護に近い看護
・忙しい
・残業が多い
・患者さんの暴力暴言が多い

 

 

このように同じ精神科でも患者さんの症状は大きく変わります!

 

そのため、精神科への転職を考えるときには、

 

・慢性期の患者さんの看護をしたいのか?
・急性期の患者さんを看護したいのか?

 

を考えてから転職活動をしないで精神科というだけで転職活動をすると失敗するので注意が必要です。

 

 

 

2-4.離職率が高い病院は避けること

 

 

精神科で離職率が高い病院は避けた方が良いと思います。

 

どの転職先の病院の求人を探すときでもそうなのですが、離職率が高く頻繁に求人雑誌などに広告を出している病院へ転職するのは絶対にお勧めできません。

 

精神科は男性の看護師が多く他の科に比べると離職率も低いのが特徴的ですがそれでも離職率が高い場合には、

 

・ナース間で人間関係にトラブルがある
・医師が傲慢など職場の環境が非常に悪い
・患者さんの質が悪く、病院側の看護師に対しても対応も悪い

 

など、離職率が高い病院には看護師がその病院を辞めたくなってしまうような原因が絶対にあるんです。

 

そのため、離職率が高い病院というだけで応募は辞めるべきです!

 

 

 

2-5.転職サイトをうまく活用するのがおすすめ

 

 

精神科の求人を探すときには転職サイトを活用するのがおすすめです。

 

精神科への転職を希望していても、自分の性格や慢性期か急性期か?さらに、離職率が高い病院かどうかというのは自分一人でハローワークなどで見つけるのは難しいです。

 

転職サイトでは元看護師などの経験豊富な担当のコンサルタントが付くので、悩みなど相談もできますし自分が希望する条件を言えばそれに沿った求人を探して紹介してもらうことが可能です。

 

参考に看護師の口コミ人気が高い2社です。

 

看護のお仕事
ナースではたらこ

 

そのため、条件の整った精神科への転職は転職サイトをうまく活用しましょう!

 

 

 

3.精神科看護師の給料や年収の状況は?

 

精神科の看護師の給料や年収は高い傾向にあります。

 

精神科の需要というのはここ数年でかなり高くなっており、
そのため看護師の需要というのも必然と高くなってきました。

 

同じ外来の看護師でも精神科の看護師の給料・年収は比較的高くなります!

 

精神科看護師とその他の外来看護師の年収を比較してみると、

 

 

精神科看護師の給料や年収の状況に関して詳しく説明している画像

 

 

精神科看護師とその他の外来看護師との間に10万円〜20万円前後の差が出てきており、
給料・年収は看護師の中でも比較的良い職場になっています。

 

精神科の看護師に特有の危険手当てが給料を押し上げています!

 

精神科では重度な患者さんになれば、

 

・突然暴れだしてしまう
・自殺未遂をしてしまう

 

など、精神科特有の問題が起きてしまいます。

 

そのような危険な場面をあらかじめ想定して精神科の看護師には危険手当がついているので、
一般の外来の看護師に比べて給料、年収は高くなっています。

 

 

 

4.精神科の看護師の仕事内容や役割

 

精神科の看護師の仕事内容や役割に関して詳しく説明している画像

 

4-1.コミュニケーションを取ることがとても重要

 

 

精神科の仕事で医療行為は少なく医師のサポート・コミュニケーションが中心です。

 

精神科の看護は一般科に比べると患者さんとしっかりとコミュニケーションをとることが大事な仕事になってきます。しかし、ただ患者さんの話を聞くだけではストレスをもろに感じてしまうので良い距離感を持って患者さんと接することがとても重要です。

 

精神科の患者さんは短期での変化というのは見えにくく、長期的なかかわりの中でのコミュニケーションが大事なんです。

 

 

 

4-2.服薬管理もとても重要な仕事

 

 

精神科の看護師は服薬の管理もとても重要な仕事です。

 

精神科の看護ではコミュニケーションをとって心のケアをするのもとても重要な仕事ですが、
精神科はとにかく精神薬の薬の量が多くなってくるので誤薬をしないように細心の注意を払わなければいけません。

 

高齢の患者さんも非常に多いので、服薬管理をして誤った薬の飲み方など
をしないように注意して管理するのがとても重要になってきます。

 

他には、

 

・一緒にリハビリの一環としてレクレーションを楽しむ
・お風呂や身だしなみの援助や指導
・お金の管理など

 

などなど、精神科の看護師の仕事は多岐に渡っています。

 

 

 

4-3.精神科ならではの仕事の危険性

 

 

精神科で働いていると暴言や喧嘩の場面に出くわすこともあります。

 

患者さんが落ち着いているときはいいのですが、状態が変化しやすいというのも精神科患者さんの特徴でもあるので状態変化によって暴言で傷つけられたり、患者さん同士での喧嘩に仲裁に入らなれればいけなかったり、仕事中はピリピリとした緊張感になれるまでは疲れてしまうかもしれません。

 

その環境に慣れることができる看護師でないとなかなか厳しいかもしれません。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師の口コミで評判の求人サイト

 

転職サイトを利用するなら看護師の口コミで評判のサイトを利用するべきです。そこで、看護師の口コミで人気の転職サイトをご紹介します。。