看護師vs保健師vs助産師の給料を徹底比較

看護師転職サイトの口コミや評判

【看護師vs保健師vs助産師の給料を徹底比較】どの資格が一番高い?

 

看護師vs保健師vs助産師の給料を徹底比較に関して詳しく説明している画像

 

1.看護師、保健師、助産師の給料はどのくらい?

 

看護職で看護師、保健師、助産師の給料の水準は気になる所です。

 

看護師資格では看護師にしかなれず、看護師資格取得後に進学などを経て保健師資格試験、助産師資格試験を突破することで資格の取得ができます。

 

・資格ごとにどの職場が一番給料が高いのか?
・看護師、保健師、助産師の給料を比較すると一番高いのは?

 

看護師・保健師・助産師で一番給料が高い資格を徹底比較していきます!

 

 

1-1.看護師の給料の平均はどのくらい?

 

 

看護師の給料の平均に関して詳しく説明している画像

 

 

看護師の給料は同年代の女性の給料に比べて高水準にあります。

 

看護師の給料で注意してもらいたいのは夜勤があるのか?夜勤がない日勤なのか?で給料はかなり変わります。

 

実際に看護師と准看護師の給料の平均を見ていくと、

 

 

看護師と准看護師の給料の平均に関して詳しく説明している画像

 

 

比較表を見てもらうと明らかなのですが、夜勤をやるのかどうかで看護師の給料は大きく変わってきます。夜勤をやっているのかどうかで年収にして100万円近く変わるので夜勤で毎月8万円分くらいプラスされている計算になります。

 

また、正看護師資格と准看護師の資格によっても給料に大きな差が出ています。しかし、仕事内容がほとんど変わらないにも関わらず資格を2つ設ける必要がないと最近では准看護師を廃止する方向になっています。

 

看護師が高収入なのは夜勤をやっているのかどうかというのが大きいです!

 

 

(参考)
看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント

 

 

 

1-2.保健師の給料の平均はどのくらい?

 

 

保健師の給料の平均に関して詳しく説明している画像

 

 

保健師の給料は働く職場によってすごく変わります。

 

保健師の働き方として4つの種類があって給料もかなり変わります。

 

 

保健師の種類

特徴

@

行政保健師

 保健所や市区町村で働く。保健師の約6割が働く

A

病院保健師

 病院での健康診断、予防接種のアドバイス

B

産業保健師

 企業内で働いて社員の健康管理やアドバイス

C

学校保健師

 学校で働く保健師。養護教諭とは違う

 

 

保健師になって就職する場合、一番多いのが行政保健師として公務員として働きます。次に病院保健師となっていきます。産業保健師と学校保健師は離職率も低く募集人数も少ないことから競争率は非常に高くなかなか就職できない特徴があります。

 

行政保健師、病院保健師、産業保健師、学校保健師の給料の平均を見ていきます。

 

 

行政保健師、病院保健師、産業保健師、学校保健師の給料の平均に関して詳しく説明している画像

 

 

保健師の職場ごとの比較を見てみると産業保健師が一番給料の水準が高くなっています。産業保健師は上場企業など大企業で勤めるケースが多いので、給料の水準は他の保健師と比較して高くなっています。

 

行政保健師と学校保健師は公務員の扱いなので夜勤が無くても比較的給料水準が高いです。一方で、病院保健師は手当てがほとんどなく夜勤もないので看護師時代より年収が下がってしまったという保健師は珍しくありません。

 

保健師の中では企業で働く産業保健師の年収が一番高くなっています!

 

 

(参考)
保健師転職!あなたにぴったりの求人を見つけるポイント!

 

 

 

1-3.助産師の給料の平均はどのくらい?

 

 

助産師の給料の平均に関して詳しく説明している画像

 

 

助産師は需要が多くなっていることから給料の平均は高いです。

 

助産師の働き方として3つの種類があって給料も変わります。また、夜勤があるのかどうかによっても給料は変わってきます。

 

助産師の職場

特徴

@

病院などの医療機関

 分娩、妊婦の検診・産後検診・相談

A

保健所などの市区町村

 子育て支援・女性の健康診断

B

助産院

 自宅でのお産の手伝い・妊婦の検診・産後検診・相談

 

 

助産師の職場として圧倒的に多いのが病院などの医療機関で働いて分娩、妊婦の検診・産後検診・相談をすることです。看護職で唯一分娩に参加できるのが助産師なので分娩が可能な職場で働いていることがほとんどです。

 

助産師の職場による給料の平均を見ていきたいと思います。

 

 

助産師の職場による給料の平均に関して詳しく説明している画像

 

 

助産師の場合には病院で働いている場合が一番年収の平均が高いという結果になりました。夜勤ありと日勤を比較してみてもらうとわかるのですが120万円ほどの年収の平均で差があります。夜勤が多く忙しさというのがわかると思います。

 

公務員の助産師は数は少ないのですが、日勤で500万円前後もらえるので安定志向の方に人気です。助産院はその人の経営能力などにも左右されるので一概には言えないのですが、成功すれば1,000万円は簡単に超えてきます。

 

助産師の中では夜勤ありの病院勤務が一番の高収入です!

 

 

(参考)
【転職で失敗しない】好条件の助産師求人の見つけるポイント

 

 

 

2.看護師・保健師・助産師の給料はどれが一番高い?

 

看護師、保健師、助産師の給料はどれが一番高い?に関して詳しく説明している画像

 

 

看護師・保健師・助産師の給料はどの資格が一番高いのでしょうか?

 

まずは、看護師・保健師・助産師の給料をまとめてみます。

 

 

職場、働き方

給料

看護師

看護師(夜勤あり)

493万円

看護師(日勤)

398万円

准看護師(夜勤あり)

438万円

保健師

行政保健師

507万円

病院保健師

472万円

産業保健師

542万円

学校保健師

506万円

助産師

助産師(夜勤あり)

536万円

助産師(日勤)

410万円

助産師(公務員)

506万円

 

 

3つの資格の給料を比較してみると『保健師=助産師>看護師』の順番になります!

 

保健師は日勤ということを考えると一番高給与が期待できる資格です。しかし、注意点としては保健師は資格を取得しても就職自体が狭き門で保健師として就職できない方も本当に多いというのが最大のデメリットです。

 

看護師は日勤では給料は大幅に下がりますが夜勤をすれば500万円前後と高収入が期待できます。一方で、助産師はかなり不足しており需要も多いので確実に高収入を得たい場合には助産師を選ぶというのもおすすめです。

 

 

(参考)
看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が転職で満足度が高い求人サイト特集

 

転職で悩む看護師にお勧めなのが転職サイト。看護師の人気、満足度が高いおすすめの求人サイトを特集中