【失敗しない看護部長求人・転職】年収UPの方法など徹底解説

看護師転職サイトの口コミや評判

【失敗しない看護部長求人・転職】年収UPの方法など徹底解説

 

【失敗しない看護部長求人・転職】年収UPの方法など徹底解説に関して詳しく説明している画像

 

1.看護部長が求人・転職先で失敗しない5つのポイント

 

以前の病院と方針が合わないなど転職を考える看護部長も少なくありません。

 

しかし、看護部長の転職は他の一般の看護師の転職とは違った目線で転職活動を行わないと失敗してしまう可能性が高いです。

 

@ どんな基準で看護部長の求人を探せば良いのか?
A 転職の時に注意しなければいけないことは?

 

など、看護部長が転職で失敗しないためのポイントを解説していきます!

 

 

1-1.経営方針が考え方と合っているのかどうか

 

 

経営方針が考え方と合っているのかどうかに関して詳しく説明している画像

 

 

病院の経営方針が合っているのかどうかというのはとても重要なポイントです。

 

病院とは経営方針に沿って運営されており、病院の雰囲気、医療、看護の方法が決まってきます。そのため、あなたはどのような考えを持って看護部長として働きたいのかを明確にしてその考えに沿った病院を選ぶことが本当に大切です。

 

病院の理念とあなたの考えが違っていると、働く意義も見いだせなくなりますし、何よりその病院で働くことがストレスになって退職、転職の原因になってしまいます。

 

そのため、転職先を決める前には、

 

・実際に患者として病院を受診してみる
・入院病棟の看護師の働きぶりを見てみる
・病院見学の申し込みをして見学をする

 

など、実際に病院を見学してみてどのような病院なのかを確認しておくというのはとても重要です。

 

あなたが看護部長として働きたい病院を選ぶことがとても大切です!

 

 

 

1-2.管理体制がどうなっているのか?

 

 

管理体制がどうなっているのか?に関して詳しく説明している画像

 

 

病院の管理体制がどうなっているのかも事前の確認事項の1つです。

 

病院によって管理体制は大きく変わっているため事前の確認がとても大切です。方法が違っているだけならいいのですが、違法な労働状況で看護師が酷使されていて管理ができていないという病院もあるので注意してください。

 

私が行って変えるなどの正義感の強い方もいると思いますが、そもそも、病院長が変えることを良しとしないケースも多いです。そのため、事前に病院長がどんな人なのか人となりも確認しておくことをおすすめします。

 

これから働く病院の管理体制は事前に確認しておきましょう!

 

 

 

1-3.条件面・待遇面をしっかりと確認

 

 

病院の経営状態がどうなっているのか?に関して詳しく説明している画像

 

 

条件面と・待遇面は雇用契約を交わす前にしっかりと確認してください。

 

看護部長の転職失敗の例として多いのが、

 

・待遇や条件が事前の説明と違う
・組織形態や評価制度が曖昧
・休日や休暇が事前の説明と違っていた

 

など、事前にしっかりと確認していなかったために、転職後に条件、待遇が事前の説明違っているケースも意外と多いです。また、組織形態が曖昧で師長なのか部長なのかわからないというケースもありました。

 

そのため、事前に条件・待遇・地位など確認漏れがないようにしましょう!

 

 

 

1-4.転職サイトで管理職求人を見つける

 

 

転職サイトで管理職求人を見つけるに関して詳しく説明している画像

 

 

看護部長などの管理職は転職サイトで見つけるのがおすすめです。

 

看護部長などの管理職の求人はハローワークなどで募集されることもほとんどありませんし、数が本当に少ないです。そのため、看護師の転職サイトをうまく活用してあなたの考えに合った看護部長の求人を探すのが一番現実的です。

 

また、病院側としても看護部長などの重要なポストを一般の公募で集めることはしたくありません。そのため、看護部長の求人が転職サイトの非公式の枠で募集されていることがほとんどです。

 

看護部長が希望の求人を見つけるためには転職サイトの利用をおすすめします!

 

 

 

<看護部長の転職実績が豊富な看護のお仕事>

 

看護部長の転職実績が豊富な看護のお仕事に関して詳しく説明している画像

 

 

看護のお仕事では看護部長の転職実績が豊富です。

 

看護のお仕事では全国の看護部長の求人を取り扱っており、あなたの考え方やどんな病院で働きたいかをヒアリングしながら最適な求人探しをお手伝いしていきます。

 

看護部長は経営に深く関わりを持っていくため病院長などの相性もとても重要です。看護のお仕事では病院や病院長の特徴もしっかりと把握しているので病院選びの参考にすることが可能です。

 

 

看護部長の転職実績が豊富な看護のお仕事はこちら

https://kango-oshigoto.jp/


 

 

 

1-5.看護部長が転職する時の注意点

 

 

看護部長が転職する時の注意点に関して詳しく説明している画像

 

 

看護部長が転職する時には注意しなければいけないポイントがあります。

 

看護部長が転職する時に注意したい3つのポイント

 

@ 求人が見つかりにくいので半年以上の期間を見る
A 引き継ぎや後任を見つける期間がかかる
B 転職先へ転職時期を明確にする

 

看護部長の転職先は数自体が少なく、あなたの考えに合った病院を探すとなると最低でも半年以上の転職活動は覚悟してください。その後、内定をもらって病院長へ報告、引継ぎや後任を見つけるのに合計で1年近くかかるのが看護部長の転職です。

 

また、面接の時に重要になってくるのが転職先の病院にいつから働くことができるのかをしっかりと明示することです。いつから働けるのかわからないと転職先の病院も採用しようにも採用できません。

 

そのため、看護部長の転職は3つのポイントを事前に確認しておきましょう!

 

 

 

2.看護部長の平均年収は?UPさせるためのポイント

 

看護部長の平均年収は?UPさせるためのポイントに関して詳しく説明している画像

 

2-1.職場によって違う看護部長の年収・給料

 

 

看護部長の年収や給料は働く職場によってかなり変わります。

 

看護部長の求人を見てもらうとわかると思うんですが、600万円〜900万円位が看護部長の平均的な年収です。能力や病院によっては看護部長の1000万円を超える病院も珍しくありません。

 

看護部長の給料は大学病院、民間の病院によって変わります。

 

 

看護部長の平均年収に関して詳しく説明している画像

 

 

病院によってもかなり年収の差は出てくるのですが、平均相場を見てみると国や地方自治体が運営している病院の看護部長の給料は比較的高くなっているケースが目立ちます。

 

 

 

病院の種類

看護部長の年収・給料

@

総合病院(民間)

600万円〜800万円

A

大学病院(私立)

650万円〜850万円

B

公立病院

700万円〜900万円

C

国立病院

800万円〜1000万円

 

 

 

2-2.看護部長の給料UPは転職でしかできない

 

 

看護部長の給料UPは転職でしかできないに関して詳しく説明している画像

 

 

看護部長の給料をUPさせるためには基本的には転職をするしかないでしょう。

 

看護部長はその病院の看護職で一番高い給料をもらっており経営にも参加しているので大幅に自分の給料を上げるのは無理です。そのため、今の病院が民間の総合病院なら国立の看護部長を目指すなどの方法を取るのが給料を上げるためのポイントになります。

 

しかし、転職先を給料だけで選んでしまうと実は理念や考え方が合っていなく働きにくいなどの問題も出てしまいがちです。そのため、あなたに合った部長職の求人はなかなか出てこないので、転職サイトに登録して長い期間をかけて転職活動をすることが大切です。

 

看護部長は転職するしか今の給料を大幅にUPさせることは難しいでしょう!

 

 

(参考)
看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が転職で満足度が高い求人サイト特集

 

看護部長の転職実績も豊富な転職サイトをご紹介しています。転職サイトで悩んでいる方に参考にンる情報をご紹介しています。