看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント

看護師転職サイトの口コミや評判

看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント

 

看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.看護師の給料や年収は本当に高いの?

 

1-1.看護師の平均的な年収ってどのくらい?

 

 

看護師の給料は一般的な女性に比べて高い傾向にあります。

 

確かに、看護師の平均年収は470万円を超えていますが一般的な女性の平均年収は410万円ほどですから、一般的な女性より看護師のほうが平均年収が高いのは確かです。

 

ここで、一般女性と看護師の年齢別の年収を見てみましょう。

 

看護師の年齢別年収に関して詳しく説明している画像

 

 

しかし、この看護師の年収というのは夜勤等の手当てを含めて高収入になっているので、看護師の労働量などを考えれば年収が高いというのは妥当なのかもしれません。

 

 

 

1-2.看護師の給料が高いのは若いうちだけ

 

 

実際に看護師の給与が高いのは若いうちだけなんです。

 

看護師の年収は1年目〜9年目までは一般の女性の労働者に比べて圧倒的に高いですが、10年目以降になってしまうと他業種の分野によっては抜かれてしまうということが起きてくきます。

 

それは看護師として働いた方は良くわかると思いますが、看護師は同じ病院だけで働き続けていても役職をもらわない限り昇給がほとんどないために年収はさほど上がりません。

 

看護師は昇給がほとんどないので年収が高いというのは若いうちだけなんです!

 

 

 

1-3.夜勤がないと給料はかなり下がります

 

 

看護師の給与というのは夜勤に依存している部分が非常に多いんです。

 

病院によって差が出てきますが、看護師の夜勤手当は1回2万円程度もらっており、『診療報酬点数表』などを参考にして夜勤は72時間以内であることを考えると平均8時間の夜勤で月に8回。

 

そう考えると2万円×8回=16万円

 

夜勤をやると給料に上乗せされるので平均年収を大きく引き上げている理由です!

 

しかし、1年目〜5年目までの看護師の給料はもともとのベースが一般に比べて高いのですが、昇給のペースが緩やかなことをを考えると40代以降になってくると決して高いとは言えません。それに、看護師の責任などを考えると決して高いとは言えない場合があります。

 

看護師の方のこんな意見もあるのも事実なんですね。

 

 

・患者さんの死など精神的な負担も意外と大きくて今日が安く感じる!
・残業もサービス残業が多く、昇給もあまりないのはどうなの?
・精神的な負担に比べて給料が安すぎる!!!


 

 

 

2.看護師が給料・年収をUPさせる4つのポイント

 

看護師が給料・年収をUPさせる4つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

2-1.看護師が昇進を目指す場合

 

 

看護師が昇進して役職になれば給与は上がります。

 

看護師が役職を目指す場合には看護師長や総看護師長を目指していくことになりますが、看護師長や総看護師長の平均的な給料は以下のようになっています。

 

<看護師長の年齢別給料平均相場>

 

看護師長の年齢別給料平均相場に関して詳しく説明している画像

※平成26年職種別民間給与実態調査の結果人事院参考

 

 

<総看護師長の年齢別給料平均相場>

 

総看護師長の年齢別給料平均相場に関して詳しく説明している画像

※平成26年職種別民間給与実態調査の結果人事院参考

 

 

看護師、看護師長、総看護師師長の年収を比較してみると、

 

看護師、看護師長、総看護師師長の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

40〜44

45〜49

50〜54

56〜

看護師

436万円

511万円

528万円

551万円

看護師師長

691万円

733万円

756万円

758万円

看護師との差

+255万円

+222万円

+228万円

+207万円

総看護師長

794万円

860万円

899万円

901万円

看護師との差

+358万円

+349万円

+371万円

+350万円

 

 

看護師長は優秀であれば20代でも可能な病院はありますし、看護師と年収を比べても20代30代では150万円程度の差ですが40代以降では年収の差は200万円以上になり総看護師長ではさらに差が開くので昇給を目指すなら昇進を目指すというのもありです。

 

しかし、看護師長と総看護師長は役職が限られているので誰でも目指せるものでもありませんし、それ以上に看護師をまとめる仕事、シフト決めなどの看護以外の雑用も仕事を入ってくるので給料上がってもさらに大変になったと感じている師長さんは非常に多いです。

 

総・師長のメリット・デメリットを考えて昇進→昇給を目指すのもありです!

 

 

 

2-2.専門・認定などの資格取得を目指して給料、年収UP

 

 

専門・認定などの資格取得を目指して給料、年収UPに関して詳しく説明している画像

 

 

専門・認定看護師の資格などの取得によって給与をUPさせることができます。

 

おおむね専門看護師、認定看護師のアンケートを取ってみると、月に+3000円〜+5000円前後の手当てという病院が多いんです。多い所で2万円の病院がありましたがこれは本当にまれでしょう。

 

・自分の看護師としてのスキルを上げたい
・ある特定分野でエキスパートの看護師になりたい

 

という看護師にとっては専門看護師や認定看護師の資格というのはすごく魅力的な資格です。

 

しかし、給料・年収に関しては努力分の見返りは少ないんですね。

 

 

(参考)
認定看護師が知っておきたい求人・転職で重要な5つのポイント

 

 

 

 

2-3.首都圏の私立の大学病院を目指す

 

 

首都圏の私立病院を目指すに関して詳しく説明している画像

 

 

首都圏の私立の大学病院は比較的他と比べて給料が高くなりやすい傾向にあります。

 

首都圏は看護師に限らず生活費も高くなってしまうのですが給料が高い傾向にあります。そのため、今地方で働いている方やこれから就職して給料を高くしたいという方は首都圏の私立大学の病院の目指すというのも1つの方法です。

 

私立の大学病院は国立・公立に比べても給料・年収の水準は高く、民間の総合病院やクリニックよりも高い傾向にあります。さらに、物価の関係で地方より首都圏の方が給料・年収は高い傾向があります。

 

看護師で高収入を目指すなら私立の大学病院がおすすめです!

 

 

(参考)
【大学病院の看護師求人】転職前にチェックしたい年収、メリットデメリット

 

 

 

3.高収入を目指すなら転職がベスト

 

高収入を目指すなら転職がベストに関して詳しく説明している画像

 

3-1.高収入を目指すなら転職サイトの利用がおすすめ

 

 

高収入を目指すなら転職が一番簡単で確実な方法です。

 

『昇進を目指す』『資格の取得を目指す』方法も給与を上げることができる方法ですが、確実ではありませんし何より誰でも目指せるものでもないので転職を考える方が今より確実に給料をUPさせることが可能です。

 

看護師が転職を目指す場合には、

 

・ハローワーク
・雑誌
・転職サイト

 

などがありますが間違いなく『看護師転職サイトがおすすめ』です。

 

辞めていて転職活動が自由にできる看護師なら問題はないのですが、
仕事をしている看護師はハローワーク行っている暇なんて正直ないですよね?

 

だから、完全にお任せも可能な看護師の転職サイトがおすすめなんです!

 

登録すると担当のコンサルタントがつくのですが、

 

・あなたの条件に沿った求人を見つける
・履歴書や面接の対策
・給料などの条件の病院への交渉

 

をあなたに代わってしてくれるのが非常に魅力的になっているんです。

 

 

 

3-2.当サイトではお祝い金もある『看護のお仕事』がおすすめ

 

 

当サイトではお祝い金もある『看護のお仕事』がおすすめに関して詳しく説明している画像

 

 

転職サイトでは転職後のお祝い金もある『看護のお仕事』がおすすめ。

 

数ある看護師の転職サイトで看護のお仕事がおすすめの理由は、

 

@ 転職後にお祝い金が最大で12万円もらえる
A 13万件以上の求人と転職サイト最大級
B 厚労省に職業紹介優良事業者に認定

 

最近ではお祝い金が出る看護師転職サイトはかなり少なくなってきましたが、看護のお仕事ではしっかりと出ますし、求人数も13万件以上と看護師転職サイトの中ではかなり多い求人数です。

 

さらに、看護師転職サイトで2社しか厚生労働省に認定されていない職業紹介優良事業者なので、看護師の希望やニーズに沿った提案や相談をしてくれるため安心して利用することができます。

 

高収入の求人をお探しなら『看護のお仕事』に登録して相談してみてください!

 

 

(参考)
看護のお仕事口コミ!支援金など特典満載で評判の転職サイト

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師求人サイトは口コミが良いものを選ぶ

 

看護師求人サイトに申込むときに注意したいのが看護師の満足度が高いサイトを選ぶのがとても重要です。看護師の口コミで人気の転職サイトをご紹介します。

 

 

 

看護師の給料の平均は?年収アップに必要なポイント記事一覧

に関して詳しく説明している画像

1.看護師、保健師、助産師の給料はどのくらい?看護職で看護師、保健師、助産師の給料の水準は気になる所です。看護師資格では看護師にしかなれず、看護師資格取得後に進学などを経て保健師資格試験、助産師資格試験を突破することで資格の取得ができます。・資格ごとにどの職場が一番給料が高いのか?・看護師、保健師、助産師の給料を比較すると一番高いのは?看護師・保健師・助産師で一番給料が高い資格を徹底比較していきま...

に関して詳しく説明している画像

1.看護部長が求人・転職先で失敗しない5つのポイント以前の病院と方針が合わないなど転職を考える看護部長も少なくありません。しかし、看護部長の転職は他の一般の看護師の転職とは違った目線で転職活動を行わないと失敗してしまう可能性が高いです。@ どんな基準で看護部長の求人を探せば良いのか?A 転職の時に注意しなければいけないことは?など、看護部長が転職で失敗しないためのポイントを解説していきます!1-1...

に関して詳しく説明している画像

1.看護師が年収600万円以上になることは可能?最近、『看護師の求人で年収600万円以上も可能』という求人を見るようになってきました。それでも、今の自分の年収や給料などと比較して『本当に年収は600万円もいくの?』と疑問に思っている方も多いと思います。・看護師が年収で600万円以上をもらうためには?・年収600万円以上にはどんな病院に転職すれば良いのか?・給料だけを転職の条件にしてはいけない理由と...

1.看護師が副業をする前に確認したい2つのチェックポイント今の給料に不満を感じている看護師さんも多いと思います。看護師のバイトは高額な仕事も多いので、もっと収入を増やすために副業をしたいと考える人もいるでしょう。しかし、看護師が副業するときには注意をしなければいけないポイントがいくつかあります。・副業をする前に確認したいポイント・副業がバレないためにはどうしたら良いのか?看護師が副業をする時に注意...

1.失敗しないための看護師派遣の5つのポイント1-1.自分のスキルに合った部署を選ぶ自分のスキル、実力に合った仕事を選ぶというのはとても大事です。短時間の勤務で時給も高いのでそれに見合った仕事をすることが求められます。特に、病院側は即戦力の看護師を求めているので実力に見合った仕事を選ぶことが派遣の看護師求人を見るときにはかなり大事です。そのため、全く経験のない診療科などを興味のために選んでしまうと...