看護師の求人先、ホスピス(緩和ケア)の給料・仕事・役割は?

看護師転職サイトの口コミや評判

看護師の求人先、ホスピス(緩和ケア)の給料・仕事・役割は?

 

看護師の求人先、ホスピス(緩和ケア)の給料・仕事・役割に関して詳しく説明している画像

 

1.ホスピス(緩和ケア)の求人を選ぶ3つのポイント

 

ホスピス(緩和ケア)の看護師の需要は多くなっています。

 

ホスピス(緩和ケア)とはいわゆる「終末期ケア」を行う施設であり、昔は民間が主流で公的なホスピス(緩和ケア)というのは少なかったのですが、現在は、公的な機関が運営するホスピス(緩和ケア)というのも増えています。

 

特に、最近では国の方針で在宅緩和ケアを行い、患者さんが最後の時まで自分らしい生活ができるように在宅でホスピスの病院のような対応ができるように訪問看護での緩和ケアステーションが増えてきています。

 

そこで、あなたにぴったりのホスピス(緩和ケア)の求人を選ぶための3つのポイントをご紹介します!

 

 

 

1-1.病院の方針を確認する

 

 

病院の方針を確認するに関して詳しく説明している画像

 

 

病院の方針を確認することは転職先を選ぶときにとても大事です。

 

ホスピス(緩和ケア)は患者さんの治療、コミュニケーション、最期を看取るまでの仕事です。そのような仕事で病院の方針とあなたの考え方が違っていれば精神的に持たなくなってしまう可能性が高いので病院の方針というのは最初に確認すべきポイントです。

 

特に、ホスピス(緩和ケア)に初めて転職を希望する看護師の方は事前のイメージと違うということも多いので、事前にあなたのイメージと病院の治療方針などを確認しておくことがとても大事な確認ポイントになるんです。

 

転職前に病院の缶ご方針などを確認するようにすることが大事です!

 

 

 

1-2.転職前の病院見学は必須

 

 

転職前の病院見学は絶対にやっておくようにしてください。

 

特に、ホスピス(緩和ケア)の場合には『どんな病院のスタッフなのか?』、『どのような環境で働くか?』がとても大事なので、転職前に病院見学をしてスタッフの患者さんへの対応、医師の患者さんへの治療、看護師の患者さんへの看護など確認できるところは見学をしてきましょう。

 

病院のスタッフや環境によってはあなたが転職してやりたかった看護が実現できないかもしれません。そのため、ホスピス(緩和ケア)では一緒に働くスタッフ、環境というものが本当に大事になってくるんです。

 

あなたがやりたい看護をするために転職前の病院見学は本当に大事になります!

 

 

 

1-3.ハローワークと転職サイトの併用がおすすめ

 

 

求人探しにはハローワークと転職サイトの併用がおすすめです。

 

ホスピス(緩和ケア)はハローワークでも探すことはできますが、転職サイトなら希望の条件で病院を探してくれますし、病院見学の段取りなど色々な手配をしてくれるのでハローワークと一緒に使うと良い条件のホスピス(緩和ケア)の求人が見つかります。

 

ハローワークのデメリットとして平日の9時〜17時までしかやっていないので、仕事が忙しくて平日に予定を取るのが難しいという方は転職サイトだけを使って求人探しをするというのもおすすめです。

 

あなたに合った求人を見つけるためには2つをうまく活用してみてください!

 

 

 

2.ホスピス(緩和ケア)の看護師の給料の実態

 

ホスピス(緩和ケア)の看護師の給料の実態に関して詳しく説明している画像

 

 

ホスピスの看護師の給与は一般的な常勤看護師と同水準位です。

 

ホスピス(緩和ケア)の仕事は患者さんの終末期の医療を行うので、病院によって日勤、夜勤を行うかはわかれますが、ほとんど病院の日勤、常勤の看護師の仕事を同じなので病棟の看護師とほとんど同じ勤務体系になっています。

 

常勤看護師とホスピスの看護師の年収を比較してみると、

 

常勤看護師とホスピスの看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

仕事としては緩和医療が代表的で、現在は認定看護師分野の一つとしても設定されており、ある程度の報酬や待遇といったものが期待できるようになっています。ただし、緩和医療の認定を受けていないようなホスピス(緩和ケア)ともなると、一般看護師とそう年収に変化はなく4640万円程度が平均年収だといわれています。

 

ホスピス(緩和ケア)の年収は平均して450万円〜500万円くらいになります!

 

 

 

3.ホスピス(緩和ケア)にはどんな看護師が向いてる?

 

ホスピス(緩和ケア)にはどんな看護師が向いてる?に関して詳しく説明している画像

 

3-1.患者さんに最期まできちんと関わりたい

 

 

患者さんに最期まできちんと関わりたいと考えている。

 

病棟勤務などでは忙しくて最期を迎える患者さんの心のケアを十分にする時間がありません。しかし、ホスピス(緩和ケア)では最期を迎える患者さんに対して体の痛みを取り除くことから心のケアまで支えとなるケアをすることができます。

 

ホスピス(緩和ケア)に入院してくる患者さんの症状や精神状態は違いますが、看護師が一体となって方向性を決めて患者さんに寄り添うことで患者さんを支えることができます。

 

患者さんの最後まできちんと関わりたい看護師には向いています!

 

 

 

3-2.終末期医療に関して自分のなりの考えがある

 

 

終末期医療に関して自分のなりの考えを持っているのも重要なポイントです。

 

ホスピス(緩和ケア)ではずっと看護していた患者さんを最終的看取ることになります。患者さんの最期を看取るときには、どんな看護師でも精神的にも肉体的にも疲れがきます。しかし、ホスピス(緩和ケア)の看護師の待遇というのは他の科とそこまで変わるわけはありません。

 

仕事の内容と待遇が見合わないと感じてしまう看護師にとってはホスピス(緩和ケア)は向いていないかもしれません。待遇が気にならない位ホスピス(緩和ケア)という仕事に対して考えや信念を持っていることが終末期医療では本当に大事です。

 

転職を考えるならなんでこの仕事をしたいのかしっかりと考えを持っていたいですね!

 

 

 

4.ホスピス(緩和ケア)の仕事内容や役割

 

ホスピス(緩和ケア)の仕事内容や役割に関して詳しく説明している画像

 

4-1.ホスピス(緩和ケア)の仕事内容

 

 

ホスピス(緩和ケア)は、病状が非常に進行してしまって現代の医療では手の施しようがなくなってしまった場合に、患者さんががんなどの末期ではかなりの痛みや苦痛を伴うことが多いのでその症状の緩和を図って最後を迎えるときまでその苦痛を和らげること目的として運営をしています。

 

看護師の具体的な仕事の内容としては、

 

@

バイタルチェックなどの基本事項

A

患者さんの痛みなどの苦しみを取る

B

精神的な苦痛の相談

C

スタッフと連携してQOL(生活の質)を維持する

D

患者さんの声に耳を傾ける

 

 

など、患者さんの今ある身体的のみならず、精神的な問題まで耳を傾けて、医師や医療スタッフで以前できていたQOL(生活の質)を維持することが看護師やホスピス(緩和ケア)でとても重要な仕事になるんです。

 

そのため、患者さんとのコミュニケーション能力もとても重要になります!

 

 

 

4-2.ホスピス(緩和ケア)の看護師の役割

 

 

緩和ケアでは患者さんの苦痛を和らげその人らしい生活をさせることが目標です。

 

終末期医療では完治を望むこともできないので患者さんの痛みや精神的苦痛を取り、どれだけ幸せな状態で最後の時を迎えることができるのかを考えることがホスピス(緩和ケア)の役割であり、それを助けるのが看護師の仕事です。

 

終末期の患者さんの体の痛みやそれに伴う精神的な苦痛は相当なものなので、それを取り除いて患者さんが心身ともに元の生活を取り戻して最後の時を迎える手助けをするのがとても重要な役割です。

 

そのため、患者さんの寄り添えるそんな看護師の役割が求められます!

 

終末期の医療では病院などで最後まで治療を受ける場合と自宅で最期を迎える場合がありますが、最後まで病院でチューブでつながれて最期を迎えるのか?自宅で痛み止めを打ちながら自分の好きなことを最後までやって最後を迎えるのかはその人の自由になっているのですが、終末期の考え方はすごく難しいですね。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

ホスピス(緩和ケア)であなたに合った求人を見つけるのはなかなか難しいです。病院見学など面接の手配など看護師の転職で口コミが良い転職サイトを公開しています。