看護師が円満に退職をするための6つのポイント

看護師転職サイトの口コミや評判

看護師が円満に退職をするための6つのポイント

 

看護師が円満に退職をするための6つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.看護師の退職を成功させるための6つのポイント

 

病院の環境や人間関係が嫌に退職する人も多いと思います。

 

しかし、退職したいと言い出すのはなかなか難しいもの。その後の引き継ぎも考えても数か月はその病院で働かなければいけませんからね。

 

・円満に退職するためにはどうしたら良いのか?
・退職するための順序や流れ
・退職する時に考えておいた方が良いこと

 

など、退職で注意しなければいけないポイントを紹介します!

 

 

1-1.退職した先輩を見つける

 

 

あなたより先に退職をした先輩の経験を聞くことは大事です。

 

先輩が辞めた状況は今のあなたが辞める状況とは少し違っていると思いますが、

 

・看護師長にどう相談したのか?
・退職の理由はどう伝えたのか?
・円満に退職できなかった原因は?

 

など、今の病院を辞めるために必要なことを相談することができます。特に、先輩看護師が失敗した理由というのはあなたが失敗しないための重要なポイントがあることがあるのでしっかりと聞いておきましょう。

 

退職した先輩に退職時の状況をしっかりと相談しましょう!

 

 

 

1-2.退職理由を明確にする

 

 

退職理由を明確にするに関して詳しく説明している画像

 

 

退職の理由を明確にしておきましょう。

 

看護師が足りている病院ではそこまで引き留められない可能性もあるのですが、ほとんどの病院では看護師不足は深刻なので引き留められた時にうまく説得できるような退職理由を明確にしておくことは大切です。

 

退職理由として多く説得しやすいのが、

 

・両親の介護をするために実家に帰らなければいけない
・遠くに引越しをする必要ができてしまった
・結婚の条件として仕事を辞めることになっている

 

など、退職をするのにはっきりとした理由を持津ことはとても大事です!

 

 

(参考)
【看護師転職理由ランキング】退職でかどが立たない転職理由は?

 

 

 

1-3.辞めるには強い気持ちを持って

 

 

辞めるには強い気持ちを持ってに関して詳しく説明している画像

 

 

辞めるときには強い気持ちを持って臨みましょう。

 

看護師の退職では人数が足りない場合や強い引き留めにあって、

 

・なんで看護師が足りないのに辞めるんだ?
・給料や条件を部長と相談するから辞めないでほしい
・今より職場の環境を良くするから

 

などと、罵詈雑言を浴びるケースもありますし、優秀で病院に必要な存在だからやめないでほしいと強烈に説得されるケースもあります。しかし、しっかりと決めたなので辞めるときには人に意見に左右されないように強い気持ちを持つことがとても大事です。

 

辞めるときには上司に意見に左右されないように注意しましょう!

 

 

 

1-4.直属の上司への相談

 

 

直属の上司への相談に関して詳しく説明している画像

 

 

直属の上司にはいきなりではなく相談をしてみましょう。

 

日頃良くしてもらっている上司であっても急に退職したいと言われても良い気はしないので、事前に職場の環境に不満を持っているなどの相談をしておくといざ退職する時にもすんなりと受け入れてもらえることが多いです。

 

それに、事前に職場の環境などの相談をしていて問題が全然解決されていなければ、それは今後も良くなることもないのでやめるための強い退職理由にもなります。

 

退職したくなる前に上司に改善してほしいことなどを相談しておのがおすすめです!

 

 

 

1-5.説得されて留まっても良いことはない

 

 

説得されて留まっても良いことはないに関して詳しく説明している画像

 

 

説得され続けても優柔不断は態度はしないようにしましょう。

 

退職を決意するまでには色々なことがあって退職の意思表示をしているので、その場で上司にいいように説得されてとどまったとしても以前と職場の状況はほとんど変わらないので不満は変わらず良いことは絶対にありません。

 

実際に、交渉してあなたの労働条件が良くなったとしても、そのしわ寄せは同僚にきます。そうなれば他の看護師の不満も高まってしまい職場環境が悪くなる原因にもなりかねません。

 

そのため、辞めると決めたら優柔不断にならずにきっぱりとやめましょう!

 

 

 

1-6.退職前に転職先を決めておく

 

 

退職前に転職先を決めておくに関して詳しく説明している画像

 

 

退職前に転職先を決めておくのもスムーズに退職するためには重要です。

 

退職直前に転職先を見つけようと思ってもなかなか希望の病院が見つからないケースも多いです。転職先を見つけるためには2ヶ月〜3ヶ月の期間を見て内定が出た段階で退職願いを出すのがおすすめです。

 

また、退職直前は引き継ぎや残務の処理が必要なので通常より忙しくなることが多いです。あなたが上司の立場であれば退職するまでに仕事を伝えるという仕事が残っているので転職先を探している時間も無くなります。

 

そのため、退職時期の2ヶ月、3ヶ月前には転職先を決めておきましょう!

 

 

(参考)
看護師が転職で成功するためのベストな時期は?

 

 

 

2.病院があなたを引き留める理由とは?

 

病院があなたを引き留める理由とは?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.看護師が不足しているため

 

 

看護師が不足している病院では引き留められやすくなります。

 

看護師が辞めてしまうとその分仕事の量が増えてきてしまいますし、離職率の高い病院では看護師がひっきりなし変わってしまうので良い連携が取れずに医療ミスをしてしまう可能性が少なくないからです。

 

おそらくあなたもそのような状況を経験してきていると思いますが、今は多くの病院で看護師が一人辞めてしまうと夜勤などのシフト決めで苦労してしまうケースも目立っているので引き留められることが多くなっています。

 

看護師不足は病院側から強く引き留められやすくなります!

 

 

(参考)
日本でもアメリカでも深刻な看護師不足

 

 

 

2-2.優秀な人材を手放したくない

 

 

優秀な人材を手放したくないとという理由もあります。

 

優秀な人材はどこの病院でものどから手が出るほど欲しい存在です。そんな優秀なあなたが辞めると言ったら看護師長は真っ青になって給料やシフトなどの条件を出して強めの説得に乗り出すでしょう。

 

優秀な人材がいなくなれば看護の質は落ちやすいですし、目標とされているような人であればなおさら看護師間の士気が下がってしまう可能性もあるので責任者は絶対に手放したくない看護師の一人なんです。

 

優秀な看護師がいなくなると士気にも影響が出るので手放したくないんです!

 

 

 

2-3.育てるのに時間がかかる

 

 

次の看護師を一人前に育てるのには時間がかかるんです。

 

一般的に同じレベルの看護師が現れることはほとんどありえませんし、特に新人やその科が初めての看護師が入ってきた場合に辞めた看護師レベルに育てるのは難しく穴を埋めるのは容易ではありません。

 

また、看護師が少ない病院では新しく入ってきた看護師に対して教育を十分にすることもできないので、看護師が一人が辞めてしまうと仕事の量がすごく増えるのを嫌がるんですね。

 

辞めた看護師の穴を埋める戦力を見つけるのが難しいので手放したくないんです!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が転職で満足度が高い求人サイト特集

 

転職で悩む看護師にお勧めなのが転職サイト。看護師の人気、満足度が高いおすすめの求人サイトを特集中

 

 

 

看護師が円満に退職をするための6つのポイント記事一覧

1.失業保険をもらうためにはどうすれば良いの?失業保険って言葉は知っているけど『退職したら誰でももらえるの?』病院を退職して失業保険をもらうためにはいくつかの条件が必要になってくるので、退職前からある程度失業保険について知っておくと今後の収入など生活に役に立つと思います。・失業保険はどんな人が対象になるのか?・失業保険はいつからいつまでもらえるのか?・失業保険でもらうことができる金額は?など、看護...

『退職から失業保険をもらうまでのスケジュールがわからない』退職すれば失業保険がもらえると知識としては持っている看護師の方は多いと思いますが、実際にはどのようなスケジュールで、どんなことをすれば失業保険をもらうことができるのかわからないという看護師の方も多いと思います。そこで、今回は病院を退職したAさん、Bさんを例としてスケジュールをご紹介していきます。・勤続5年で自己都合で退職したAさん(34歳)...

1.再就職手当って?どのくらいもらえるの?1-1.再就職手当とは?(参考) 再就職手当のご案内│ハローワーク再就職手当とは、雇用保険受給資格を持っている看護師が受給資格の決定を受けた後に早期に安定した職業に就いた場合にお金を支給し、早期の再就職を促進させる制度です。そのため、早期に再就職してしまっても雇用保険がもらえなくなるわけではありません。ハローワークに申請に行って再就職をすれば雇用保険を就職...