看護師の産休、育休

看護師転職サイトの口コミや評判

看護師の産休、育休の取得!職場復帰と家庭のバランスを考えて

 

看護師の産休、育休の取得!職場復帰と家庭のバランスを考えてに関して詳しく説明している画像

 

1.看護師の産休、育休制度とは?

 

1-1.産休制度とは?

 

 

産休とは産前産後休業といい労働基準法に規定されています。

 

産前産後休業は産前と産後に分かれており、産前休業は6週間以内に出産を予定いる女性看護師が働いている病院に申請をすることによって取得することができます。産後休業は出産後8週間申請をしなくても取得が義務付けられています。

 

産前産後休業中の給料は病院の就業規則によって大きく変わりますので、事前に看護師長や人事の方に給料の面などしっかりと聞いておくことが大事です。また、産前産後休業中は社会保険の納付が必要になってきます。

 

 

 

1-2.育児休暇制度とは?

 

 

育児休暇制度とは育児休業法で認められた制度です。

 

育児休業は原則的に子供が1歳になるまでの間、男性、女性看護師に限らず労働者が取得することができる権利を言います。看護師として、パートや派遣などの期間労働者であっても1年以上同じ病院で働いているなどの条件がありますが、取得することが可能です。

 

育児休業中の給料は病院の就業規則によって大きく変わりますので、事前に看護師長や人事の方に給料の面などしっかりと聞いておくことが大事です。また、育児休業中の社会保険料の納付は社会保険料納付の免除を申請することで支払う必要がなくなりますので、近隣の年金事務所に申請を出すようにしてください。

 

 

 

2.取得は職場復帰と家庭のバランスを考えることが大事

 

取得は職場復帰と家庭のバランスを考えることが大事に関して詳しく説明している画像

 

育休制度を取る前に考えておかなければいけないポイントがいくつかあります。

 

育休制度を取る前は、

 

・出産後にできるだけ早く復帰しよう
・仕事に少しでも早く戻りたいを考えている
・子供が少しでも大きくなれば復帰したい

 

と考えている人も実際にはかなり多いです。

 

しかし、実際に子供が生まれると毎日母親としての仕事に奮闘してると、『もっと一緒にいてあげたい』『早く復帰したいと思ってたけど1歳まで待ってもいいんじゃないのか?』など子育てと職場への復帰で葛藤することになりがちです。

 

そこで、育休制度を取る前に考えておきたいポイントをご紹介していきます!

 

 

 

2-1.制度取得で病院側は復帰を前提としている

 

 

育休制度を取得すると病院側は復帰を前提としています。

 

病院側としては産休、育休を取るということはその後も働くと思っているので期待されています。そのため、産休、育休を取る前には今後今まで通りの働きができるのかどうかしっかりと家族で相談をすることがとても大事になります。

 

子供を産む前と産んだ後の考え方は大きく変わるのでなかなか事前に決めることは難しいのですが、

 

・旦那さんが仕事で遅くなりやすい
・母親が近くにいなくて手助けが期待できない

 

などのあなた以外が子育て、家事をなかなか協力できない環境にいる場合には以前と同じフルタイムの働き方はほぼできないと思っていてください。

 

そのため、あなたの環境に合わせて家族で相談し上司にも相談をするのが大事です!

 

 

 

2-2.出産前に先輩看護師に相談を

 

 

出産前に先輩看護師に働き方の相談しましょう。

 

出産前に想像している以上に家事・子育ての両立はとても大変になるので、出産前にすでに子育てをしている先輩看護師に職場復帰の時期や働き方などを相談するのが非常におすすめです。

 

出産、子育てをすでにしている看護師なら、あなたがこれから苦労する環境をすでに体験しているので、その経験を自分に置き換えてどのような子育て、働き方をするのかとても参考になる情報が多いです。

 

そのため、育休などの制度を取る前に先輩看護師2人以上には相談しましょう!

 

 

 

2-3.あなたと家族の希望を明確に

 

 

あなたと家族の希望を明確にすることもとても大事です。

 

出産をする前にあなたがこれからどのような生活をしていきたいのか、仕事をどのタイミングで復帰したいのかなど、あなたの希望と家族の希望を明確にして今後の生活に付いて相談を重ねることがとても大事です。

 

その相談結果を持って、今後の仕事の仕方などを看護師長に相談するといいでしょう。看護師の少ない病院では引き留められますがあなたと家族の希望を最優先させましょう。

 

あなたと家族でしっかりと相談を重ねることがとても大事です!

 

 

 

2-4.資格があれば再就職はいつでも可能

 

 

看護師資格があれば再就職はいつでも可能です。

 

看護師としての最大のメリットは資格があれば再就職、パートなどの働き方が簡単にできるということです。

 

・子供との時間を大切にするために3歳までは子育てに集中
・子供が保育所に入れるまで働かない
・親が近くにいるのでパートなどで時短勤務を行う

 

など、日本の経済状態にそこまで左右されることなく就職が可能なので、経済的に問題がなければ子育てを優先するなど今一番大事なことを優先するようにしてください。

 

看護師は就職先にはそこまで困らないという大きなメリットがあります!

 

 

 

2-5.産休、育休後の復帰で問題になることも

 

 

産休、育休後の復帰で問題になるケースは意外と多いので注意が必要です。

 

職場に独身者が多ければ子供が理由の休みや帰宅はなかなか理解してもらえないので、産休、育休後の職場の復帰を考えている場合には上司や同僚がどれだけ理解があるのかを絶対にチェックしてください。

 

子供に関しての休みや早退に関して理解のある職場なら最高ですが、そのような理解のある職場ばかりではないので問題にならないように出産前に雰囲気を確認しておくことが本当に大事です。

 

職場の理解がないと産休、育休後の復帰はかなり大変でストレスがたまります!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

看護師の転職サイトでおすすめのサイトとは?これだけ数ある求人サイトで満足度の高い求人サイトをご紹介していきます。

 

 

 

看護師の産休、育休の取得!職場復帰と家庭のバランスを考えて関連ページ

看護師の結婚式事情!誰を呼ぶ?予算はどのくらい?