医師求人!転職事情、給料・年収、仕事内容

看護師転職サイトの口コミや評判

医師求人!転職事情、給料・年収、仕事内容など

 

医師求人!転職事情、給料・年収、仕事内容などに関して詳しく説明している画像

 

1.医師の転職・求人事情、給料は?

 

1-1.医師が転職を考える理由

 

 

医師が転職を考える理由は給料と休みの問題が多いんです。

 

医師が転職を考える理由の順位は、

 

1位:給料が安い
2位:休みが全く取れない
3位:医療に対してのやりがい

 

医師が転職を考える給料と休みの問題だけでも全体の80%を超えており、『こんなに働いているのに年収が安くて話にならない』『年収には満足しているが休みが満足に取れないで忙しすぎる』という理由で転職を希望する方が多いんです。

 

 

一方で、医師が転職先に希望する条件は、

 

1位:休みが適度に取れる
2位:給料が高い
3位:医療に対してのやりがい

 

医師が転職を考える理由と内容自体は同じなのですが順位が違っており、転職先に求めるのは給料もある程度欲しいけれど仕事が忙しくなくしっかりと休みが取れる職場を希望しているのがわかります。

 

医師が転職先に求める理由の多くは忙しくなく仕事ができる職場なんですね!

 

 

 

1-2.希望する求人を見つけるために転職サイト

 

 

希望の求人を見つけるためには転職サイトを使うのがおすすめです。

 

医師の求人というのはなかなかハローワークや雑誌で条件の良いものを見つけるのは難しく、転職サイトのキャリアスタッフに自分の希望を伝えてその条件で求人を見つけてもらう方がはるかに良い求人が見つかります。

 

特に、医者という職業は仕事が忙しく休みもろくに取れないという方も多いと思うので、転職サイトは条件を伝えるだけである意味丸投げができるのが利用した医者に人気の理由なんですね。

 

忙しくて転職活動ができない医師には転職サイトは非常におすすめです!

 

 

 

1-3.産業医の転職は人気?

 

 

産業医は企業内で働き労働者に対して健康に対する指導や助言をする医師の事を言います。医師と言うと病院内勤務と言う印象が強いですが産業医は企業で働く医師なのです。産業医は体調を崩し易い工場や従業員の多い会社で働く事が多いと言われています。

 

従業員の人数が規定人数以上であれば産業医が必須とされているので産業医の需要は高いでしょう。

 

産業医は病院勤務よりも福利厚生がしっかりとしている所が多く働きやすい環境を作り易いのです。会社で働くサラリーマンと同じ勤務形態が多いので残業無し土日祝日休みで働ける所がほとんどです。勿論夜勤やオンコールもありません。

 

また、産業医は会社で働く人たちの健康管理をするのが仕事です。医療行為を行う事は殆どないので医療事故を起こす可能性もきわめて少ないでしょう。安心して働ける環境が整っているので転職としてとても人気が高い現場と言う訳です。

 

しかし産業医は他の医師と比べると給与が若干低めだと言われています。一般的なサラリーマンと比べるとずっと高い給与を貰う事が出来ますが医療行為が専門では無いので給与も一定以上は上がらないのでしょう。そういった部分も理解した上で産業医への転職を考えて下さい。

 

 

 

1-4.医者の給料・年収の平均は?

 

 

医者の給料や年収は年数など色々な条件で変わります。

 

平成24年の医師の平均の月収は88万円、そこからボーナスなどを含んだ平均年収は1144万円です。研修医の平均年収は300〜400万円と言われており、収入にはほとんど差はありませんが、その後の進路によって収入に差が出てきます。研修以後の進路として、大学病院の医局勤務と市中病院勤務の2つがあります。

 

大学病院の医局勤務の場合、20代後半〜30代前半の医師で年収400〜700万円程度と言われています。また、大学病院の講師となった場合は800万円台、助教授は900万円台、教授は1000万円前後の年収になるようです。

 

一方、市中病院の勤務医となった場合、スタート時は600〜800万円、5〜10年後には1000万円台、部課長になると1500万円超、院長で2000万円程度の年収が目安とされていますが、勤務先の労働環境によって異なるようです。

 

その後、開業医となった場合、軌道に乗れば年商は2000〜3000万円ほどになりますが、開業の初期投資に莫大な費用がかかります。初期投資に1億円以上、という病院の話も珍しくないようです。また、年商が医者の懐にそのまま入る訳ではなく、開業後しばらくは借入金の返済に追われる日々が続きます。

 

  月収 年収
研修医 15万円〜30万円 280万円〜460万円
勤務医(20代) 40万円〜60万円 500万円〜800万円
勤務医(30代以降) 80万円〜100万円 800万円〜1600万円
産業医 50万円〜80万円 600万円〜900万円
外科医 80万円〜100万円 800万円〜1600万円
美容外科医 100万円〜400万円 1500万円〜5000万円
開業医 200万円〜600万円 2000万円〜7000万円

 

 

 

2.医師の仕事と抱える悩み

 

医師の仕事と抱える悩みに関して詳しく説明している画像

 

2-1.勤務医の医師の仕事について

 

 

勤務医とは医療機関で働く雇われている医師のことです。

 

勤務医ですが仕事の内容は勤務する科目によって違います。途中で転科をすることも可能です。ですので興味のある仕事が変わったときにも開業医とは違って変えやすいという特徴があるのです。

 

そして給与をもらうシステムになっていますので収入は安定しているというメリットがあります。開業医のよういに失敗して破産する危険性はありません。

 

デメリットといえば開業医とは違い、収入には上限がある点です。また自分のしたい仕事ができなくなる可能性もあるという点です。まだ医師になりたての頃には開業医になることはできませんので、勤務医しか道がありませんが、いろいろな人と一緒に業務をすることによってたくさんのことを学べるので開業した後にもこのときのことがいい経験となるのです。

 

医者になれば誰もが通る道であり、学ぶきっかけともなります!

 

 

 

2-2.僻地や離島における診療所の医師の仕事に関して

 

 

僻地や離島における診療所の医師の仕事は地域医療の重要な柱となっています。最近では、人口減少や少子高齢化に伴って主に中山間地域や離島において医師が不足しており、診療所があるにもかかわらず無医地域になってしまっている場合があります。

 

そのような地域においては、地方自治体が補助金を出して大学病院や都会の病院から医師を呼んで診療所を再開するケースが増加しています。診療科目は主に内科・小児科・外科であり、軽微な怪我に関しては医師が処置をして治療をします。

 

重症化している場合は、離島に関してはヘリコプターやジェット機を使用して近隣にある大病院へ搬送し、僻地においては救急車を利用して搬送します。地域によっては患者がいる家庭に往診をしている場合もあり、平日午前中は診察・午後は看護師と共に地域を周ります。地域で唯一の病院となっていると顔なじみになる事が多く、病気以外の世間話をする相手として住民から慕われています。

 

 

 

2-3.医師に定年はない

 

 

医師には定年制はないので現役で仕事をすることができます。

 

というのも医師の免許は更新もなく生涯有効なものだからなのです。ですので資格を失うような理由や自分で返納しない限りは永遠に有効となるのです。ただし勤務医の場合には定年制が採用されている場合もあります。

 

65歳くらいを定年にしているところも多いのですが、優秀な方の場合は定年を過ぎてもまだ現役で働かせてもらえる場合もあります。もしも続けて働けない場合でも開業さえすれば自分の病院で働くことが可能です。最近は年齢を増しても若い方が増えていますので65歳くらいでやめさせてしまうともったいないということ、そして今まで培ってきた知識があるということで長く雇ってもらえる傾向があるのです。

 

そして医師不足というのも一つの要因となっています。

 

ただあまりにも年齢を過ぎていると危険ということで定年という制度を入れるべきなのではという意見も挙がっています。しかし、それは個人病院を除いて大学病院などでは手術などは適切な管理のもと行われている場合が非常に多いのでそのあたりは心配しなくてもいいのかなと思います。

 

 

 

2-4。忙しさが医師のス取れるになることも

 

 

勤務医の場合は患者さんの行列が悩みになることもあります。大病院などでは沢山の患者さんが毎日診察に来ます、次々と診察をしてもなかなかその行列が減らないことも多いのです、そのために勤務時間を終えてもまだ仕事が終わらず残業になることも少なくありません。

 

また、患者さんも長い間待たされていますのでそのことでイライラし、医師に怒りをぶつけることも少なくありません。ですので行列を見ただけでストレスを感じる方も多くいらっしゃいます。この悩みが勤務医に多いことの理由は勤務医の場合は患者が多くても少なくても基本的には給料は変わらないからなのです。

 

残業になれば残業代は支払われますが、多くの患者を診たことにより給料が増えるわけではありません。開業医の場合ももちろん仕事が激務になることはありますが、患者さんを多く診た分収入につながりますし、自分の病院の評判の良さに満足できます。

 

この問題を解決するためには患者さんが多いということは喜ばしいことであると認識することが大事です!

 

 

 

2-5.健康保険制度により医師の仕事は有利?

 

 

資本主義経済においては物やサービスの価格は需要と供給によって、適正な金額になります。そのため質の割に値段の高い物やサービスはあまり売れないようになり、物を売る側やサービスを提供する側は価格を下げる事で質に合った金額になるのが一般的です。

 

しかし医療など一定の分野に関しては健康保険制度がある事で、消費者が支払う金額は医療サービスの提供者が受け取る金額の3割で済むようになっています。そのため医師の仕事は他の職種に比べて有利であるという事が言えます。

 

また医療機関を利用する側にとってみれば、この健康保険制度があるおかげで窓口で支払う医療費が安く済んでいます。

 

このような健康保険制度がある理由としては、国民の健康を増進させるという目的と優秀な医師を育成するという目的が背景にあります。そのため体調を崩してしまった人は無理に我慢せずに医師の診察を受ける事が可能になり、優秀な人が医師の仕事に興味を持ちやすい環境になっています。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

好条件の転職先を見つけるためにはやはり求人サイトを利用するのが一番です。そこで、看護師に人気の転職サイトをご紹介していきます。

 

 

 

医師求人!転職事情、給料・年収、仕事内容など記事一覧

1.医師国家試験の不思議?なぜ合格率が90%も超えるの?1-1.医師国家試験の合格率医師として仕事するために絶対に必要なものが医師免許です。この医師免許を取得するために合格しなくてはいけないのが医師国家試験です。非常に難易度が高いことに定評がある医師国家試験ですがその合格率は8割以上高いものとなっています。こう考えると、医学部にさえ入学できれば医師国家試験は簡単なのかと思ってしまいますよね?実際に...