デイサービスの看護師求人!給料・役割・仕事内容など

看護師転職サイトの口コミや評判

デイサービスの看護師求人!給料・役割・仕事内容など

 

デイサービスでの看護師の給料、看護業務内容やその悩みに関して詳しく説明している画像

 

1.デイサービスの看護師の求人状況や給料

 

1-1.デイサービスの看護師の求人状況

 

 

高齢化に伴ってデイサービスの看護師の求人は増えてきています。

 

デイサービスの求人の特徴は、

 

・日勤の求人がほとんど
・ブランクがあっても就職しやすい
・給料が常勤に比べて安め

 

などの特徴がデイサービスの看護師求人にはあります。

 

そのため、子育てが終わってブランクがある看護師でも比較的入りやすい職場ですし、夜勤もないのでプライベートを仕事でつぶしたくないと考えている人にはデイサービスの夜勤のない求人は比較的人気になっています。日勤なので給料が下がってしまうのはどうしようもありません。

 

今後、需要とともに看護師の給料も上がっていく可能性はあります!

 

 

 

1-2.デイサービスの看護師の給料はどの位?

 

 

デイサービスの看護師の給料は低めです。

 

デイサービスの看護師の仕事は日勤であることが多く夜勤がないのが特徴で、高収入の看護師の給料は夜勤が入っているからなので日勤のデイサービスの給料は少なめです。

 

常勤の看護師とデイサービスの看護師の給料を比較してみると、

 

 

デイサービスの看護師の給料に関して詳しく説明している画像

 

 

デイサービスの看護師の給料は日勤なので常勤に比べて100万円程度年収で下がります!

 

それでも、ブランクのある看護師や夜勤まで含めた常勤で働くのが厳しいといった看護師には、夜勤も残業も少ないので給料は少ないですが満足している看護師も多いようです。

 

 

 

2.デイサービスの看護師の仕事内容

 

デイサービスの看護師の仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

2-1.デイサービスの具体的な仕事内容

 

 

デイサービスでの看護業務の内容は、高齢者を対象として、食事や入浴など日常生活の世話をするのが主になります。

 

デイサービスでの看護師の具体的な仕事としては、

 

バイタル測定 浣腸 軟膏 点眼
血糖測定 インシュリン注射 服薬管理 傷の処置

 

デイサービスでの看護業務は、昼間時間帯のみのサービスになり、ほとんどが、6〜8時間程度のスケジュールになっています。一般的な日常生活の世話をしますが、すべてを看護師が担当するのではなく、施設に勤務する福祉職員と協力しながら業務を行なっていきます。

 

デイサービスの看護業務は、起床後、

 

@ 入浴後のバイタルチェックにはじまり
A 皮膚処置や胃ろうケア
B 摘便
C 薬のセット
D 持参薬チェック
E 与薬
F 健康管理

 

まで多岐に渡ります。看護師として、健康状態の観察や主治医の指示に基づく処置、誤嚥や体調の急変に対する処置などが求められるので、デイサービスでの看護業務の内容は、隅々まで配慮した対応が求められます。

 

利用者の健康状態観察を主として、バイタルチェック、主治医の指示に基づく処置がデイサービスでの看護業務になりますが、施設によっては入浴介助や食事介助の補助も行います。このような看護業務が中心になってきますので中には合う人と合わない人がいると思うので事前に看護の業務内容だけはしっかりと確認はしておきましょう!

 

 

2-2.施設ナースの業務とは

 

 

病気やケガにて通院したときに看護師さんが忙しく働いているのを見ることができます。

 

皆さんは医療現場にて看護師の方々を目にする機会が多いと思いますが福祉の現場においても看護師は活躍しています。例えば介護施設などが代表的なものといえますがその中でも入所介護型施設で働いている看護師を施設ナースと呼んだりするようです。

 

入所介護型施設にも介護老人福祉施設や介護老人保健施設といったように様々な種類があります。

 

介護老人福祉施設で働いている施設ナースの主な業務は、

 

医師が常勤していないということもあり医療的な判断が求められることがあったりします。また、利用者に対する衛生管理の指導や健康管理、食事や排泄の世話、場合によってはリハビリまで行っているところも少なくないようです。

 

介護老人保健施設で働いている施設ナースの主な業務は、

 

医師が常勤していたり比較的看護師の数も多かったりしまた利用者の復帰を目的とした施設でもありますので、医療機関や介護老人福祉施設に比べると働きやすい面があるそうです。

 

他にも通所介護いわゆるデイサービスもありますがこうした施設においては看護師が一人しかいないということもあるそうでこの場合は休みが取りづらかったりなどの弊害もでているようです。

 

 

 

3.看護師の仕事で患者さんの排出物を扱えるか心配

 

看護師の仕事で患者さんの排出物を扱えるか心配に関して詳しく説明している画像

 

少子高齢化に伴って近年さらに需要が高まっている看護師の仕事ですが、
女性ならば誰もが憧れている職業かと思います。

 

実際には患者さんの看護をするのが看護師の仕事になってきますので、嫌な仕事もしないといけません。その嫌な仕事の中でも特に大変なのが患者さんの排出物の処理ではないでしょうか?

 

 

3-1.排泄物処理は慣れがポイント

 

 

高齢化が進むなかで患者の下の世話もしていくことが多くなってきていますので、
看護師の仕事で患者さんの排出物を扱えるか心配だと思っている人も多いと思います。

 

看護師の仕事をしていると様々な仕事をしないといけませんが、
看護師を続けていれば排出物なんて働いていく内に気にもならなくなるという方もたくさんいます。

 

しかし、『やはり慣れるまで大変だった・・・』と思っている方も多いんです!

 

最初は排出物を扱うことに抵抗されることもあると思いますが、実際には慣れてくると仕事だと割り切って仕事をすることができますので、慣れることが重要なポイントになってきますので、慣れるまでは仕事だと思って仕事をしていきましょう。

 

 

 

3-2.排泄物処理は実は大切な仕事

 

 

排泄物の処理は看護師の仕事で大切な仕事の一つです。

 

デイサービスや施設での排泄物処理は介護福祉士がいれば介護福祉士がやりますが、医療の知識が乏しい介護福祉士だけがやるのではなく看護師も手伝うことで患者さんの異変に素早く気づいて今後の対応をすることが可能になるんですね。

 

排泄自体は人間が自然とするものであるため、

 

・排泄が規則正しく行われているのか?
・排泄が異常な事態を示していないか?

 

デイサービスや施設の患者さんでうまくコミュニケーションが取れない患者さんであっても、ここで異常が見つかれば食事の見直しや薬の種類の変更などすぐに対応をすることができるんです。

 

そのため、看護師の仕事として排泄物の処理や観察はとても重要なんです!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 好条件の看護師求人が多い口コミ満足度が高いおすすめ転職サイト!

 

デイサービスの看護師求人は良いものから悪いものまで様々です。ご紹介している転職サイトは看護師の口コミで人気のサイトなので相談して良い求人を見つけてみてください。