看護師求人クリニック

看護師転職サイトの口コミや評判

看護師クリニックの求人、転職・給与・仕事内容

 

看護師求人クリニックに関して詳しく説明している画像

 

1.看護師がクリニックの求人選びで失敗しない7つのポイント

 

総合病院を経験してクリニックに転職しようと考える看護師は多いです。

 

しかし、総合病院とは違い人数の少ないクリニックでは医師や他の職員などの人間関係や仕事内容に違いなどで、イメージと違って転職を失敗したなと考える看護師の方が実際にかなりいます。

 

・クリニックの求人を選ぶときに失敗しないポイントは?
・クリニックでの給料や待遇はどうなっているのか?
・クリニックで働く・メリットやデメリット

 

など、クリニック転職で失敗しないようなポイントをご紹介していきます!

 

 

1-1.職場の雰囲気・人間関係をチェック

 

 

職場の雰囲気・人間関係をチェックに関して詳しく説明している画像

 

 

まず第一に確認したいのが職場の雰囲気・人間関係です。

 

クリニックでは人数が少ないので村社会になりやすく一人のスタッフが牛耳っているケースもあります。そのため、事前に病院に診察に行っているみるなどしてスタッフや病院の雰囲気をチェックして違和感がないかを確認してください。

 

また、院長の奥さんがスタッフとして働いているケースもあります。院長の奥さんが働いている病院では奥さんの権力が相当強いので転職する時には注意して確認したいことの一つです。

 

職場の雰囲気・人間関係などを実際に行って確認してみてください!

 

 

 

1-2.院長の性格や人柄などをチェック

 

 

院長の性格や人柄などをチェックに関して詳しく説明している画像

 

 

クリニックは院長の性格や人柄で働きやすさも大きく変わります。

 

人数の少ないクリニックではスタッフの雰囲気もありますが院長の性格や人柄も大きいです。そのため、転職を決める前に実際に診察してもらったり、待合室での患者さんの話を聞いたり、面接で院長の人柄をしっかりと確認することが本当に大事です。

 

クリニックは院長の権限は絶大ですので、院長の性格次第で楽しく働けますし、ワンマンで短気な院長の場合には毎日びくびくしながら働かなければいけないということにもなりかねません。

 

院長の性格や人柄は転職前に要チェックが必要な大事なポイントです!

 

 

 

1-3.離職率が高くないかどうかを確認

 

 

離職率が高くないかどうかを確認に関して詳しく説明している画像

 

 

離職率が高くないのかどうかというのも事前に確認が必要になります。

 

職場の雰囲気が良くない、院長がワンマンで付いていけないクリニックは離職率が高い傾向にあります。そのため、求人票に良く載っている、転職サイトで離職率が高いと言われるクリニックの求人には応募しないのが良いと思います。

 

離職率が高い病院は看護師が足りないので給料が高いなど待遇が高いケースも多いのですが、実際に診察などを受けに行ってみると雰囲気が悪いのはすぐにわかるので事前に確認は忘れないようにしてください。

 

離職率が高いクリニックの求人の応募は避けるようにしてください!

 

 

 

1-4.給料や待遇はどうなのかを確認

 

 

給料や待遇はどうなのかを確認に関して詳しく説明している画像

 

 

給料や待遇なども事前に確認しておくことは大事なポイントです。

 

クリニックの給料は夜勤がない分病院で働いていた時よりも年収が少なくなることも多いです。しかし、科やクリニックによっては高収入な所もあるので高収入を狙っていれば美容系などのクリニックを狙ってみるのも良いと思います。

 

また、クリニックは福利厚生が充実していない所も多いので、

 

・有給休暇の消化具合はどうなのか?
・休暇の制度はどうなっているのか?
・社会保険などはどうなっているのか?
・通勤・住宅手当などはもらえるのか?

 

など、そのクリニックの休暇制度や手当などの福利厚生がどうなっているのかを確認して、文書でもらうようにしてください。実際に転職してからそんなこと言ったっけなどごまかされたなんて例もあるので文書でもらうことはとても大事です。

 

給料や待遇などをチェックして文書でもらうようにしてください!

 

 

 

1-5.教育制度が充実しているかを確認

 

 

教育制度が充実しているかを確認に関して詳しく説明している画像

 

 

教育制度が充実しているかどうかもクリニックを選ぶときに大事になります。

 

看護師の人数が少ないこともありプリセプターなどの教育制度が整っていないクリニックも多いです。しかし、専門の技術が必要とされる科ではしっかりと教育制度が充実しているクリニックを選ぶ方が成長や働きやすさを考えるとおすすめです。

 

教育制度がない病院を選んでしまうと簡単な技術から深い技術まで自分で勉強する必要があります。しかし、自分が成長する前に患者さんの看護は行うのでそこでミスが起きる可能性もあるので専門性が高いクリニックではなおさら教育制度は重要です。

 

そのため、クリニックを探す時には教育制度もとても重要なポイントです!

 

 

 

1-6.残業の有無を事前にチェック

 

 

残業の有無を事前にチェックに関して詳しく説明している画像

 

 

毎日残業がどれだけあるのか確認してください。

 

クリニックには残業なしという求人を良く見かけると思いますが、

 

・本当に定時に終わってそのまま帰ることができるのか?
・後片付けなどの時間は残業とは考えていないのか?
・残業をした場合には残業代が支払われるのか?

 

など、残業に関してはトラブルが多いので事前にしっかりと確認しましょう。

 

クリニックの中には、診察時間までが仕事の時間でそれ以降の後片付けや残りの事務作業を残業とは考えないで毎日30分〜1時間位がサービス残業になってしまうクリニックもあります。

 

そのため、クリニックの残業はどんな状況なのかを確認しましょう!

 

 

 

1-7.転職サイトをうまく活用する

 

 

転職サイトをうまく活用するに関して詳しく説明している画像

 

 

クリニックの求人を探すときには転職サイトをうまく活用するようにしましょう。

 

今まで見てきたポイントは自分でも確認することも可能ですが全てやるのは面倒で時間がかかります。転職サイトでは色々な情報を集めているので雰囲気や院長の性格、離職率がどのくらいなのかというデータを持っているのでうまく活用できます。

 

さらに、給料や待遇など自分では聞きにくい質問も事前に聞いておいてもらうことも可能なので、自分で条件の良い求人を見つけるのが難しいという方は転職サイトに丸投げして探してもらうのもありです。

 

しかし、その時の注意点として、いくら転職サイト側で良い院長で職場の雰囲気が良いと言われたとしても、あなたが実際に行って感じた印象や雰囲気ではないので自分で病院の確認に行くのは忘れないようにしてください。

 

転職サイトをうまく利用すれば好条件のクリニックの求人を見つけることもできます!

 

 

 

2.看護師のクリニックでの給料や仕事内容

 

2-1.クリニックの看護師の給料はどのくらい?

 

 

クリニックの看護師の給料に関して詳しく説明している画像

 

 

クリニックの看護師の給料は病院の日勤の看護師とほとんど同じです。

 

クリニックなどの個人病院では入院設備がない所がほとんどですので、ナースの職務・雇用形態は日勤になりますので総合病院などの日勤と同じくらいの給料になります。しかし、クリニックなどの個人病院では院長の力が強いので院長によって給料が安くなったり、高くなったりするのは注意しなければいけません。

 

常勤とクリニックの日勤の平均年収を比べてみると、

 

クリニックの看護師の給料に関して詳しく説明している画像

 

 

看護師の基本給自体はそこまで他の職種に比べて高いわけではなく、夜勤を含めた看護師の給料が高くなっているんですね。そのため、夜勤がないクリニックなどの個人病院ではそこまで高収入というわけではありません。

 

クリニックでは夜勤がないので平均すると400万円前後になります!

 

 

 

2-2.クリニックの仕事内容

 

 

クリニックの仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

 

クリニックでの看護師の仕事内容はかなり広範囲にわたります。

 

クリニックでの担当業務は、患者の案内、検査説明、採血、点滴、処置、検査などの介助、援助などで、病院とあまり変わりはありませんが、クリニックの場合は、事務作業もしなければならいケースがあります。また、病院と違って、看護師が主となって検査や点滴を遂行していく必要があります。

 

基本的にクリニックの場合、病院と比べて、一人あたりの患者に対する責任の負担が大きくなります。その分、一連の流れで患者を診ることができるので、患者との関わりを深く保てるメリットはあります。

 

 

クリニックでは1人で行う仕事の範囲は相当広がります!

 

 

 

3.看護師がクリニックで働く3つのメリット

 

看護師がクリニックで働く3つのメリットに関して詳しく説明している画像

 

3-1.日勤の勤務形態でリズムをつかみやすい

 

 

クリニックは日勤の勤務形態なので生活リズムがつかみやすいです。

 

クリニックでは夜勤がなく、日勤内での仕事になることがほとんどす。病院で働くとなると、夜勤があったり、休みも決まっていなくて、生活リズムがバラバラになりますが、クリニックでは入院施設を設けていない所が多く、休診日が決められているので休日・休暇がわかりやすく比較的生活リズムがとりやすいです。

 

ナースの仕事の大きなデメリットであるシフト制でナース以外の友達とほとんど遊ぶことができないのが病棟のある病院なのですが、クリニックでは年間休日などの休みが読め、クリニックによって変わりますが急患で呼ばれることもないのでプライベートを充実させやすいんですね。

 

クリニックではシフト制ではないので休みも友人と合わせやすいです!

 

 

 

3-2.専門性を追求できる

 

 

看護師の自分の専門というのを追及できます。

 

病院の専門の方が良い場合もあるのですが、その治療で有名な権威が自分でクリニックを開いている場合も多く、やるべき仕事が多いクリニックの方が大きな病院よりも自分でやることが多い分成長が望めるという大きなメリットがあります。

 

病院で何年か働いていると自分がやりたい仕事が見つかってきます。専門性の高いクリニックへ転職すれば専門看護師、認定看護師になるためのステップにもなりますし専門性を追求できることも多いです。

 

自分の専門を追及するためにクリニックへ転職する看護師も多いんです!

 

 

 

3-3.職場が駅から近いクリニックが多い

 

 

クリニックは勤務地が駅から近い所が非常に多いです。

 

クリニックの最大のメリットと言えるかもしれませんが、駅から徒歩で行ける・5分以内で行けるなどの駅近である場合が多いので通勤が楽という大きなメリットがあります。

 

勤務地が駅から遠いと通勤で時間がかかってしまって無駄だと感じてしまうナースも多いのですが、クリニックは基本的に駅近で通いやすい所が比較的多いです。

 

通勤に時間をかけたくないならクリニックは非常に魅力的です!

 

 

 

4.看護師がクリニックで働く2つのデメリット

 

看護師がクリニックで働く2つのデメリットに関して詳しく説明している画像

 

4-1.人間関係が難しい

 

 

クリニックでは人間関係が難しくなりがちです。

 

クリニックなどの個人病院ではナースの人数が少なくなってしまうので、

 

・看護師で性格的に合わない
・派閥がすでに出来上がってしまって入れない
・院長の奥さんの権限が強い

 

この場合にうまく溶け込める人はいいのですが、うまく溶け込めなかったり院長の奥さんに嫌われたりすれば職場での仕事は非常にやりづらくなりますし、かなりのストレスを感じて辞めてしまう看護師というは少なくありません。

 

クリニックの最大の欠点として人間関係が難しいというのは言えます!

 

 

 

4-2.福利厚生などはあまり期待できない

 

 

福利厚生があまり期待できないのもクリニックのデメリットでしょう。

 

クリニックでは個人で院長がやっている場合が多いので就職時にちゃんとした雇用契約書をもらっていないというのも意外と多く、それに退職金やそのほかもろもろの手当てをほとんどもらえないというケースも珍しくありません。

 

子供がいる場合に預けることもできませんし、福利厚生が総合病院や大学病院並みを期待しているような看護師はクリニックを選ぶというのは間違った選択になってしまうと思いますので事前に面接のときなどにチェックしましょう。

 

病院によって福利厚生が期待できないので事前に確認が必要です!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師転職の口コミでおすすめの求人サイトを大公開

 

クリニックなど難しい条件の求人を見つけるのはなかなか自分では難しいです。うまく転職サイトを利用して条件の良い求人を見つけてみてください。

 

 

 

看護師求人クリニック!好条件の転職先を見つけるには?記事一覧