【看護師ブランク求人】スムーズに復職するために大切な6つのポイント

看護師転職サイトの口コミや評判

ブランクがある看護師はどのような求人を選べば良い?

 

ブランクある看護師が自分に合った求人を見つけるためにに関して詳しく説明している画像

 

1.ブランクがあってもあなたに合う求人を見つけるポイント

 

 

『子育ても落ち着いてきたしそろそろ復職したい』
『ブランクあるから復職するのが不安』
『ブランク明けでおすすめの求人はあるのかな?』

 

看護師の仕事から離れてから復職しようと思うと、今の医療技術についていけるのか?子育てと仕事が両立できるのか?と不安は尽きないと思います。でも、お金を稼がないといけない。。。

 

そこで、これから、復職しようと思って不安に思っている方に、ブランクのある看護師が復職する時、求人探しで注意しなければいけないポイントをまとめたので参考にしてみてください。

 

 

1-1.復職には病院の教育の充実がとても重要

 

 

病院の教育制度と科の選び方が重要に関して詳しく説明している画像

 

 

ブランク明けの看護師には教育が充実している病院がおすすめです。

 

新人の看護師時代に感じたのでわかる方も多いと思いますが、
看護師の仕事は常に勉強で新人の時には覚えることが本当に多いんです。

 

そのため、病院、科の選択を間違えてしまうと勉強どころじゃなくなります!

 

病院や科によっては人数が足りないために教育をするプリセプターがいなくほとんど教育が期待できないような所もあり、ブランクがあって不安な看護師にそのような職場は向いていなく医療ミスへとつながる可能性もあるので、復職する時には病院は教育がしっかりとしている病院を選ばなければいけないんですね。

 

 

プリセプター制度とは?

 

プリセプターとは、新人看護師の教育、指導を行う看護師を指し、主に2〜4年目の看護師がこの任務に当たります。

 

新人看護師に対しては、

 

・1年間の細かい指導内容に従って指導
・1人前の看護師として自立できるようしかり計画、遂行

 

すべての新任者には、プリセプターがつくようになっていて、看護技術の習得度、職場への順応を見ながら、本人とプリセプター、責任者と話し合いながら、ひとり立ちする時期を決めていきます。

 

中途採用の育成・教育は?

 

プリセプターは、看護師の中途採用者にも付くので心配はいりません。

 

一般的に、中途入職者一人一人の経験に合わせて、研修計画が立案されるようになっています。病棟の責任者が立案することになっていて、研修の病棟責任者は、大体、経験4年目以上の人が主任、経験2〜3年目の人が副主任、1年目の人が教育副主任として配置されることが多いようです。

 

責任者がプリセプターを兼任することもありますが、中途採用者の場合、新卒と違ってプリセプターにピッタリというわけにはいきません。しかしきちんとした計画書はあり、研修担当者は明確になっています。

 

 

 

 

1-2.科によっては即戦力が求められるので注意

 

 

科によっては即戦力が求められるので注意に関して詳しく説明している画像

 

 

科によっては即戦力として期待されるので選び方には注意が必要です。

 

特に、外来勤務などは新人看護師・ブランクのある看護師の職場ではなく、しっかりと病棟など経験してきた経験豊富な看護師が働く場所です。短い時間で患者さんの状態をしっかりと理解して必要になってくる処置など患者さんの声に耳を傾けなければいけない場合も多いんです。

 

また、外来勤務の看護師には医師や他の科との調整が必要になったり、病院の管理の状態を正しく理解していないとできない場所なんです。そのため、これらの業務を新しく基礎から勉強してやっていこうとするブランクのある看護師がやるのは難しいんですね。

 

外来は大勢の患者さんを看護師が少人数で対応している病院が多いので、
研修や教育を先輩看護師がやっている暇は正直ないんですね。

 

ブランクある看護師はゆっくりと研修ができる病棟勤務がおすすめです!

 

 

 

1-3.子育てに理解がある職場を選ぶことが大切

 

 

子育てに理解がある職場を選ぶことが大切に関して詳しく説明している画像

 

 

お子さんがいる方は子供への理解がある職場を選ぶこともとても大切です。

 

子供は急に熱が出て早退しなければいけないなどの予測不可能なことが多いです。そのため、子育てに理解のあるママさんナースが多い職場なら周りでフォローする空気が出来上がっていることも多いのでそのような職場を見つけましょう。

 

私の知り合いで、友人だけ子供がいて師長も含めて他の看護師全員独身の珍しい職場でした。そのような職場では、子供の事情など知ったこっちゃありませんから、休みは嫌な顔をされ大変だったようです。

 

そのため、お子さんがいる場合には職場全体で両立を理解してくれるのも大きなポイントです!

 

 

 

1-4.看護技術がそこまでいらない職場も選択肢の1つ

 

 

看護技術がそこまでいらない職場も選択肢の1つに関して詳しく説明している画像

 

 

看護技術がそこまで必要ない職場も選択の1つとして入れておくと良いと思います。

 

勉強会や研修で技術を学べるといっても不安やそこまで勉強ができる気がしないという看護師の方もいると思います。そのような方は、新しい看護技術がそこまで必要ない『精神科』『慢性期』『老人ホーム』『眼科』などに復職するのも選択の1つとしておすすめです。

 

やはり、新しい看護技術を学ぶのは大変ですし、ブランク明けの最初のうちは本当に勉強が大変になると思います。無理して辞めてしまうのはもったいないので今のあなたがどこまでできそうなかを確認しながら職場を選ぶことが大切です。

 

1つの選択肢として新しい技術がそこまで必要ない職場への復職も考えておくのもおすすめです!

 

 

 

1-5.ハローワークはおススメできない

 

 

ハローワークはおススメできないに関して詳しく説明している画像

 

 

ブランクのある看護師にハローワークはおススメできません。

 

ブランクがある看護師の方は復帰に関して相当な不安があると思うので、自分現状の不安や復帰に対してどのような準備をしたらいいのかなど、しっかりと相談できる人が必要になってきます。

 

しかし、ハローワークでは看護師の求人は見つかるのですが、

 

・教育制度が整っているのか?
・勉強する余裕はあるのか?
・明けに厳しい職場ではないのか?

 

など重要なことがハローワークではあまりわからないんですね。

 

ブランク明けは慎重に転職したいのでハローワークはおすすめできません!

 

 

 

1-6.看護師の転職サイトがおすすめ

 

 

看護師の転職サイトがおすすめに関して詳しく説明している画像

 

 

ブランクのある看護師は求人を探すときには転職サイトがおすすめです。

 

看護師の転職サイトでは、

 

・看護師の悩みをもとに求人を探してくれる
・教育が整っている病院のデータをしっかりと持っている
・ブランクのある看護師に合った求人を紹介してくれる

 

など、ブランクで復職しても安心できるような求人の紹介をしてくれます。

 

看護師の転職サイトでは転職相談を多く受けており、ブランクのある看護師の多くがどのような悩みを抱えており、病院側がどのような人材を求めているのかを知っているので、ブランクのある看護師と病院と条件が合わせることが可能になるんですね。

 

また、面接の際にも同行してくれ、看護師が聞きにくい給料の話や教育の制度はどうなっているのかなど転職サイトの担当のスタッフがしっかりと聞いてくれるので復職が初めてでも不安なく面接をすることができます。

 

そのような面からブランクあるの看護師には転職サイトはぴったりです。

 

 

(参考)
【失敗しない】良い求人を見つけるための看護師転職サイトの選び方

 

 

 

2.ブランクのある看護師が復職して成功するためには?

 

ブランクのある看護師が復職して成功するためには?に関して詳しく説明している画像

 

2-1.ブランクがあればほとんど勉強のし直し

 

 

ブランクがあればほとんどの看護師は勉強のし直しと言われます。

 

結婚して子供ができたことによって看護師の仕事を何年もの間をあけて、ブランク明けで復職を考える時に感じるのが医療の技術の進歩についているのか?ということです。

 

医療の技術は年々進歩しており、ブランク明けの自分でも、
今の医療についていけるのかという心配を抱える看護師は非常に多いんです。

 

看護師の仕事は、3年ブランクがあると勉強し直しと言われるくらいです。

 

子育てなどで5年、10年とブランクがあって間隔が空いてしまうと、今までやっていた看護技術も大きく進歩し、医療も格段に進歩しており、働く環境も大幅に変わってくるので看護学生、新人看護師からやり直すくらいの気持ちを持って覚悟が必要になります。

 

 

 

2-2.勉強をやり直すだけのやる気が必要

 

 

看護職に戻るためには勉強をやり直すやる気はとても重要です。

 

もちろん、ブランクが無くても別の科に行けば仕事内容が大幅に変わりますから、1から勉強しないといけなことも多いので何も看護師の仕事を辞めて病院から離れてブランクがあることだけには限りません。

 

そのため、ブランクがある看護師にとって重要なのが『本人がどれだけ勉強して知識・技術を習得する意識があるのかどうか』というのが、ブランクがあってもスムーズに復職できる看護師となかなかうまくいかずに悩んでしまう看護師の大きな差になっているような感じがします。

 

ブランク明けの看護師がうまくいくためにはやる気は必要です!

 

 

 

2-3.ブランク期間の経験を活かす

 

 

ブランク期間の経験を活かすに関して詳しく説明している画像

 

 

ブランク期間中の大切な経験を上手に活かすことで看護師として深みがでます。

 

確かに、ブランク期間中の医療技術進歩で技術は衰えているかもしれません。しかし、出産や子育て、介護など他の若い看護師が経験できてない貴重な体験をしています。それを通して患者さん・家族に以前にも増して配慮出来たり、考えられると思います。

 

離職のブランク期間はデメリットばかりとは思わずに、最新の医療の勉強を重ねながら、あなたにしかない持ち味を十分に発揮できれば以前より素敵なナースになれますよ。

 

ブランク期間中の貴重な体験を活かして素敵なナースになってください!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

 

看護師求人サイト口コミに関して詳しく説明している画像

 看護師が転職で満足度が高い求人サイト特集

 

転職で悩む看護師にお勧めなのが転職サイト。看護師の人気、満足度が高いおすすめの求人サイトを特集中

 

 

 

 

【看護師ブランク求人】スムーズに復職するために大切な6つのポイント記事一覧

1.仕事の勉強をする1-1.医療の進歩は想像以上に早い医療の進歩は想像以上に早いというのは聞いたことがあるのではないでしょうか?1年以上ブランクが空いてしまった場合にはほとんど勉強しなおしをしなければいけないといわれるほど、医療の進歩は速く復帰したら浦島太郎状態になってしまうというブランク明けの看護師も珍しくありません。産休、育児休暇中に思うように勉強ができなくて、復帰したとたんに今までとやり方が...